2017.09.08更新

こんにちは

 

名古屋は昨日までの雨と一緒に夏がすっかりいなくなってしまったようです。

朝玄関を出たらすっかり秋の空気でした、気持ちいい!!

 

そんな気持ちのいいお天気の今日は9月のあぴ会でしたーrabbit

 

テーマは治療中のメイクについて

今回はアイメイク(眉毛とまつげ)を中心にあぴサポ美容師の川端さんからレッスンhand

あぴ会 眉毛 抗がん剤

(自然に見える眉毛の位置をマネキンを使って実演。眉毛で人相変わりますよねー)

抗がん剤治療中は眉毛もまつげも脱毛することがあります。

(薬の種類や量、治療期間などによっても違いがありますし、同じ治療をしても個人差もありますが、本日ご参加いただいた患者さん方の抗がん剤治療を経験されている方は、眉毛、まつげも脱毛したとおっしゃっていました。)

 

今日は自然な眉毛を描くポイントと眉毛プレートの使用方法などのレクチャーがありました!

話を聞くだけでなく、実際にやってみる、そしてそこで教えてもらう。

さらに「わぁ、似合ってるー」「全然違うねー」と言いあいながら、楽しく過ごすことも大切だと思っています。

グループの力も多いに働いている、と感じています。

 

そして、つけまつげは、

選び方から始まり(つけまつげってほんとうにいろんな種類がありますもんねぇ・・・)

アイラインとの関係性や、自然に見える角度なども含めてお話しました。

 

治療前からメイクやつけまつげに親しみを持っている人(好きな人、普段から使っていた人)と、ほぼお化粧はしないタイプの人がいるので、そこについてはもともとの興味関心の差もあれば、技量の差ももちろんありますよー、当たり前なんですが。

 

 

メイクに限らず、治療の有無に限らず、なんでも同じかなと思いますが

一度も経験のないことに対しては誰でも少し抵抗感があったり、ハードルが上がります。

たとえ興味があったとしてもなかなか勇気が出ない時もありますよね。

そういう時に手取り足とり教えてくれる場があったり、他にも初めてという仲間がいたりすると、

「やってみようかなー」と思えたりしますihi

患者会 抗がん剤治療

(この写真お顔をぼかしているのでわかりませんが、むっちゃ楽しそうです。

何を話していたのかは忘れてしまいましたけど、こういう笑顔の時間が持てることに感謝。いつ何時でも笑いにはパワーがあると思っています。女性は特に、話して笑って、時に泣いたり怒ったり。感情を共有しながら生きるのが自然。)

 

去年のメイク講座の時も聞かれましたが、治療中にデパートなどの化粧品売り場に行くのは心理的にハードルが高い。

どうしてまつげがないのかな?と思われるかな、説明するの面倒だな、というかわかってもらえないかもしれないし。。。

と聞こえてきます。

地毛のカットの美容院なども同じです。

 

現状の説明をしなくても、わかってもらえる安心感を持って来てもらえる場所が「あぴサポ」ですflower2flower2

 

個別でも、メイクのご相談もお受けしています。

お気軽にご連絡くださいね。

 

次回のあぴ会は10月12日「ネイルケアについて」

あぴサポのネイル認定講師からのレクチャーがありますnote

ご参加を希望される方はお電話でご予約ください。

 

ご予約はこちら。⬇⬇

アピアランスサポートセンターあいち

0120352241

0527513700

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会