2018.12.04更新

こんにちは。

NPOふくりびの渡邊です。

ふくりびでは名古屋大学病院にて定期的にウィッグ&頭皮相談会を実施しています。
どなたでもお気軽にご相談いただけます!

12月の予定は下記の通りです。

12月4日(火) 11:00-13:00
12月18日(火) 11:00-13:00

場所:名古屋大学病院 中央診療棟2階「患者情報センター 広場ナディック」

なで

なで

いろいろなメーカーのウィッグが展示されています。

なでち

ご予約は不要ですのでぜひお気軽にお立ち寄りださい。

ウィッグの種類やそれぞれの特徴、選び方、ウィッグ作成のタイミング、脱毛時のケアなど丁寧にご案内いたします。
ウィッグや髪の毛のこと以外にも、爪や肌、まゆ毛、まつ毛についてのご相談も受付ております!

病院での相談会、ウィッグ・脱毛、その他治療による外見の変化に関するお問合せは、

アピアランスサポートセンターあいち
0120-352-241 / 052-751-3700
まで。

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.22更新

こんにちは。

NPOふくりびは24年に亘る訪問理美容・福祉理美容の経験を持ち、

愛知県がんセンター徒歩1分、
東京 御茶ノ水 順天堂医院徒歩1分、がん患者さん向けのアピアランスサポートセンターあいちを運営する福祉理美容のNPOです。

 

理事長赤木も現場で技術指導しています!

 福祉理美容

がん闘病中の美容師さん、シングルマザーの美容師さん、障害をお持ちのお子さんがいる美容師さんなどは

特に積極的に採用し、人生と仕事を両立させる多様な働き方を応援します!!

 

☆短時間(午前中だけ、午後だけ)勤務可能☆

 

▼採用人数:5名

 

▼雇用形態:パート・アルバイト

 

▼勤務先:アピアランスサポートセンターあいち・TOKYO

高齢者施設、自宅へ 訪問し、訪問理美容業務も可能。(名古屋市、名古屋市近郊エリア、東京都内)

※その他エリアの求人に関しては、全国のふくりびの仲間の事業所などをご紹介します!!

 

▼仕事内容:がん患者の外見のサポート
美容師:ウィッグ製作、自毛のカットやカラー、メイク指導や訪問理美容など。。

ネイリスト:ネイルケア、ジェルネイル、ハンドフットマッサージなど。。

看護師:ウィッグの試着相談対応やあぴ会(患者会)の主催など。。

 

▼必要なスキル

・理美容師免許所持

・理美容室での5年以上の勤務経験

・スタイリストとして2年以上カットを担当していた経験(アシスタント勤務のみは不可)

・ネイルサロン3年以上の勤務経験
・ネイル検定(2級以上)ジェル検定取得(中級以上)*資格無しでも要相談

 

▼ 勤務時間:

  9:00~17:00 完全シフト制です

 ※通院や治療などのお休みも、シフト制なので、気にせず休んでいただけます。

 ※体調がすぐれない場合もヘルプのスタッフがサポートしますので、安心して働けます。

 

▼給与:時給900円〜(愛知)+能力給、時給1000円〜(東京)+能力給

 

▼必要な資格

 理容師・美容師免許

 

▼応募方法:

電話連絡の上、履歴書持参で面接

 

訪問美容求人募集

 

▼●お問合せ:

事務局次長 髙橋 

info@fukuribi.jp

052-801-5203

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.22更新

こんにちは。

11月24日(土曜日)に
アピアランスサポートセミナー2018あいちを開催しました。
医療関係者、患者様、美容関係者、などの皆様にご参加頂きました。

今回のテーマは、【自分らしくを働くをい支えるアピアランスサポート】。

あぴセミ

セッション1は、
元SKE48、自身も乳がん闘病中の矢方美紀さんの体験談をお話し頂きました。
ご自身も治療をしながら、仕事を続けている事で、自分らしく過ごすことができ、
新しい出逢いも、たくさんの気付きがあったと言われていました。
その中でも、人前に出るお仕事が多いこともあり、外見にはとても気を使われたそうです。

あぴセミ


あぴセミ

ふくりび×矢方美紀さんで、
治療中困ったことをランキング形式にして、
ディスカッションをしました。

あぴセミ 

セッション2は、
トヨタ記念病院
がん化学療法看護認定看護師の福田仁代さんに、
院内でのアピアランスケアの事例や、看護師が患者との関わりの中での役割とは何か。など、
看護師の参加者が多い中、皆さま熱心に聴いておられました。

 あぴセミ

次に、
がんアライ部
自分らしく働くを支える企業側の取り組み。

がん治療をしながら働く家族を支えたご自身の経験談や
がんになっても働きやすい職場の環境や社会を目指しているがんアライ部の活動をお話し頂きました。
医療現場でもまだ知られていない分野で、みなさんとても興味深く聴いておられました。

 

あぴセミ

12月2日(日曜日)はあぴセミ初めて東京で開催します!!!

あぴセミ

あぴセミ
まだ若干の席の空きがございます。
医療関係者のみ、当日参加可能です。
お問い合わせは
052ー801ー5203(ふくりび本部)

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.20更新

こんにちは!

NPOふくりびの渡邊です。

先日の名大病院でのオレンジバルーンイベントで爪に関する相談がとても多かったので、今日はお家でのネイルケアについてご紹介します☆

まず抗がん剤治療による爪への副作用としてよくあるのが、

・爪の黒ずみ、変色
・爪がもろくなる、割れやすくなる
・爪の縦スジが深くなる、でこぼこしてくる

ということです。

爪の黒ずみや変色については、マニキュアやあぴサポでも患者さんから好評のWeeklyジェルなどでカバーすると良いかと思います。
色味は、カバー力のある濃い色や、光の反射を利用できるラメ入りのものを使うと◎。
爪のスジやでこぼこのカバーにもラメ入りは最適です。
マニキュアだとラメ入りのものは、乾きも早く、少しくらいヨレても目立ちにくいのでオススメですよ!


マニキュアやWeeklyジェルをすることで爪の補強にもなります。
爪がもろく、割れやすい場合にも効果的です。

また、爪が最近割れやすいなと感じたら、爪の切り方を見直すといいかもしれません。
爪を短くしたいときは、爪切りよりも爪やすりの方が断然オススメです!

薄い板状になった爪やすりがドラッグストアや100均などで買えるのでぜひ試してみてください。

「爪を削るなんて時間がかかりそうー」と思いがちですが、やってみると意外に簡単に削れます。
爪やすりを使うと爪の両端の角も丸くすることができ、服などが爪の端に引っかかって割れてしまうなことも防ぐことができます。

どーしても爪やすりで全部削るのが面倒であれば、爪切りを使ってある程度短くカットしてから仕上げに爪やすりを使ってみてくださいね。

自分で削るときはこんな感じでするとやり易いです☆

爪

これからの季節は乾燥もしやすいので、ネイル用などで保湿もお忘れなく!

アピアランスサポートセンターでは、ネイルケアについてのご相談にも乗らせていただきます。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

◆アピアランスサポートセンターTOKYO
0120ー222ー128
◆アピアランスサポートにあいち
0120-352-241 / 052-751-3700

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.17更新

こんにちは。

この度、ふくりび医療用ウィッグイメージガールに就任した元SKEの矢方美紀さんがモデルになった
新しいふくりび医療用ウィッグのパンフレットが完成しました!!
矢方美紀

 

中には日々の日常をテーマに様々なシーンでのウィッグのスタイルが載っています!

治療中も安心して日常が過ごせる、ふくりび人毛100%医療用ウィッグ。

 

矢方美紀
長さもミディアムとスーパーロングの2スタイルで、ショート〜ロングまで対応しています。

人毛100%なので、カラーリングもOK☆
自然な黒からハイトーンカラーまで、自由自在です!

矢方美紀

 

 

また初登場のふくりびメンズウィッグもあります!
もちろん人毛100%です。
被り心地も良く、仕事などで長時間の使用も安心。
ぜひお気軽お問い合わせください。


NPOふくりび本部
アピアランスサポートセンターあいち・TOKYO
全国の120件のパートナーサロンでご試着やご相談をして頂けます。
まずはお気軽にご相談下さい。

アピアランスサポートセンターあいち
0120ー352ー241

アピアランスサポートセンターTOKYO
0120ー222ー128

info@fukuribi.jp

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.16更新

こんにちは!
NPOふくりびの渡邊です。

先日、名大病院で開催されたオレンジバルーンイベントに参加させていただきました!
オレンジバルーンイベントは緩和ケアを多くの人に知ってもらうことを目的としたイベントです。

ふくりびは、患者さまのアピアランス(外見)サポート関するグッズ(医療用ウィッグ、ネイルケア、メイク)の展示、ご案内をさせていただきました。

オレンジ

オレンジ

今回はネイルの相談が多く、爪の形の整え方や角の取り方、爪の変色への対応方法などをご紹介しました。
女性だけでなく、男性の方も爪の悩みでご相談に来てくださり、抗がん剤の影響が出やすい爪のケアへのニーズの高まりを感じました。

最後は看護師さんたちと記念写真☆

オレンジ

緩和ケアの看護師さんもアピアランスサポートについてとても関心を持ってくださっていて、今後も病院や看護師さんと連携してさらにアピアランスサポートを拡げていけそうです!


◆アピアランスサポートセンターTOKYO
0120ー222ー128
◆アピアランスサポートにあいち
0120-352-241 / 052-751-3700

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.11更新

こんにちは、

今日11月11日は「いい介護の日」!

・「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、「いい日、いい日」にかけた覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとして

平成20年に厚生労働省から発表されたそうです。

介護の日

ふくりびの訪問理美容も年末に向けてご予約が増えてきました。
お正月にはさっぱり、綺麗にして迎えたいですよね。

定期訪問していない施設も、「12月だけ、、希望する人数げ多いから来てほしい」など1回のみのご利用も承ります!
ご自宅への訪問も規制緩和により、介護を担っている方もいっしょに訪問理美容を受けて頂けるようになりました。
ご夫婦で、、親子で、、☆

介護の日

ご予約、ご相談はふくりび本部
052ー801ー5203
info@fukuribi.jp

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.07更新

高齢者施設大人気おしゃれ企画

ビューティーキャラバン3回目

名古屋市内の高齢者施設で開催

名古屋 高齢者イベント

今回は昨年開催予定で

とても楽しみにしてみえたのですが

台風の為やむなく中止になってしまった

名古屋市昭和区の施設さまでした

高齢者施設 リクリエイション

ご利用者さま、施設さまの希望で

ガーデンテラスにて

久しぶりのロケーション撮影

みなさん、お気に入りの場所とあって

自然で素敵な笑顔でした。

 

次回の開催は 12/3(月)です


全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)

TEL&FAX 052-801-5203

メール info@fukuribi.jp

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.03更新

こんにちは。

いよいよ、アピアランスサポートセミナーまで両会場とも1ヶ月を切りました。
今、外見の事でお悩みの患者様、またはそのご家族を通常5000円(サポートマニュアル本付)
11月24日@名古屋、12月2日@東京でそれぞれ5名様ずつ無料でご招待させて頂きます!!

ふくりび医療用ウィッグイメージガールに就任した、自身も乳がん闘病中の元SKE矢方美紀さんといっしょに
外見のお悩みや体験談など、お話頂きます。

アピセミ

*セミナー内容*

セッション1「当事者の声とアピアランスサポートの実際」
・がんサバイバー・元SKE48メンバー 矢方美紀さん闘病体験談
―私のがん治療と仕事とアピアランスサポート
・NPOふくりびのアピアランスサポートセンター利用者のニーズやサポートの例
セッション2「院内でのアピアランスケアの取り組み」
・トヨタ記念病院 がん化学療法看護認定看護師 福田 仁代さん
―「院内でのアピアランスケアの実際」
セッション3「がん治療を仕事の両立を支える企業の取り組み」
・がんアライ部 共同代表発起人 功能聡子さん
―「がんとともに生きるーがんアライ部の事例から」
エンディング「アピアランスサポートのこれから」

アピセミ

 

お問い合わせはふくりび本部
052ー801ー5203

またはinfo@fukuribi.jpまでご連絡下さい。

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.11.03更新

訪問理美容・福祉理美容・アピアランスサポートに関心のある理美容師さん!!

福祉理美容 オンラインサロン

11月26日(月)19時から東京都内にて

オンラインサロンメンバーの集いを開催します。

サロンメンバー限定参加となりますので、下記のオンラインサロンに入会して、この機会に

直接理事長や事務局長に事業相談したり、先輩メンバーと語り合ったりしてください!!

https://lounge.dmm.com/detail/227/

================================================================

NPOふくりびは、福祉理美容・訪問理美容を当たり前のサービスにしたいという思いで、

リクルートホットペッパービューティーアカデミーさんとの協働で、各地でセミナーを開催させていただく機会や

美容組合さん、美容団体さん、ディーラーさんなどの力も借りて対面での講座も重ねてまいりました。

 

そんな中、毎日のように、全国の理美容関係者の方々から、沢山のご相談やご提案を頂いておりますが、

愛知に活動拠点を置きながら、どうやって全国の方と一緒に活動しようかと考えた結果、

今のふくりびにはオンラインコミュニティーを活用するのが一番良いのでは、という結論に達しました。

 

私たちは、オンラインサロンメンバーの皆さんとオンライン・オフラインでの交流を重ねながら、福祉理美容・訪問理美容を繋がって広げていく

そんな、プラットフォームとして、本サロンを位置づけています。

全国どこにいても、一緒に学び合い・支え合える場を作っていきたいと思いますので、

福祉理美容・訪問理美容に関してもっと学びたい・生の声を聞きたい!!

ふくりびと一緒に何かを仕掛けていきたいという、やる気のある(意識高い系の)方々をお待ちしております。

 

 

DMMオンラインサロンにて

「ふくりび・福祉理美容専門学校」という名前のオンラインサロンを運営しています。

https://lounge.dmm.com/detail/227/

ふくりびとオンラインサロンってこんな場所

〈オンライン〉
・ふくりび活動裏話(オンラインサロンだけでの限定公開写真や・技術ノウハウの公開など)
・コラム寄稿(各分野のゲストが週一更新)
・Q&A(赤木・岩岡が直接お答えします)
・スカイプ相談(別途費用)
〈オフライン〉
・ふくりびとセミナー(東京・名古屋で年4回程度)への優先参加
・ふくりびと合宿(2019年はフィリピンを予定)への優先参加
・会員限定カジュアルMTG(東京・大阪・名古屋で不定期)※人数限定

こんな方におすすめ

・美容・理容サロンオーナー
・エステ・ネイル・鍼灸オーナー
・上記業種で福祉理美容・訪問理美容などで将来独立を考えている方
・訪問理美容を始めたい方・始めていてもっと広げて行きたい方
・子育てと理美容の仕事を両立して生き生き働きたい方
・医療用ウィッグやアピアランスサポートを充実させたい方
・新しいネットワークで業界の在り方を変えたい方

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ 前へ

SEARCH