2017.08.11更新

暑い日が続いています。

昨日は、闘病中の親を持つ子供のための夏休みの居場所事業「なつスタ」を実施しました。

なつスタ

なつスタ

お母さんからのリクエストは

「私が、外で遊ぶ体力が無いので家の中でばかり遊んでいるので、思い切り外遊びさせたい」

「宿題の漢字ドリルを集中してやらせたい」

などなどでしたので、

午前中は公園で外遊び、野球とか、ドッチビーとか、シャボン玉とか、お兄さんたちが大活躍!!大声を出して走り回る子どもたち。(日陰に隠れるわたし)

なつスタ

それから近くのスーパーに行って、予算内でお昼ご飯を買うという「はじめてのおつかい」的買い物ツアー。暗算しながら自分でお金を支払うという経験をしました。

自分たちで買ってきたお昼ご飯を自慢しあって、お兄さんお姉さんと楽しくランチタイム。

休憩時間もバテることなく、こどもたちが大学生に将棋を教えるという時間を過ごし、

午後からは宿題タイムー!

10人くらいの登場人物の声色を使い分ける謎の声優となったお兄さんが、「怪傑ゾロリ」(懐かしいー)を朗読。

大盛り上がりで、読書感想文もクリア!

一方で、塾でバイトをしているお姉さんが、黙々とドリルをやる子をサポート。少々厳しめに、「もう1行頑張って!!」と諦めず笑顔で指導。ノルマをやり遂げ、ハイタッチ!!

ママとけんかになりがちな、工作の宿題も、何パターンも準備をしてくれたお兄さんらが、様々なグッズを取り出し、クオリティの高い仕上がりに☆.。.:*・

お絵かきしたり、トランプマジックに大興奮したり、大忙し。

最後はママ向けに、学生たちが、その日の子供たちの様子を壁新聞のような形式にまとめ、写真を貼り付けてプレゼント。

ママが迎えに来てもなかなか帰りたがらず、大興奮の子どもたちでした。

 

8月23日の最終回のお申し込み受付を延長し、18日まで受け付けますが、賠償保険加入や、定員の関係もありますので、

参加をご検討の親御さんは、052-801-5203までご相談ください。

 

http://www.fukuribi.jp/blog/2017/07/post-227-485640.html

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.03.11更新

「第12回日本パートナーシップ大賞」
3月9日(木)、東京ミッドタウン、『サステナブル・ブランド国際会議2017東京』の二日目にて「第12回日本パートナーシップ大賞」が開催され、

◆準グランプリ:優秀賞
「誰もがその人らしく美しく訪問美容拡大」事業
特定非営利活動法人全国福祉理美容師養成協会&株式会社リクルートライフスタイル

を受賞致しました。

パートナーシップ大賞

「ふくりび」とリクルートライフスタイル・ホットペッパービューティーアカデミーとが

3年に亘りパートナーシップを組んで、取り組んできた事業について発表をする場をいただき、

審査員の方々にも会場の方々にも、訪問美容・福祉美容について知っていただきました。

パートナーシップ大賞

活動に共感してくださる声も多く、今後更に活動を加速させねばという強い気持ちを再認識する場となりました。

 

長年にわたり、一緒にプロジェクトを続けてくださっているホットペッパービューティーアカデミーのチームをはじめとし、

支えてくださっている皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

http://hba.beauty.hotpepper.jp/e-lecture/event004/

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.01.27更新

ふくりび岩岡

「爆発する人間力」というタイトルの名古屋青年会議所さん主催のトークショーにNPOふくりび事務局長の岩岡が登壇します。

デーモン小暮閣下(悪魔代表)と吉田沙保里選手(霊長類最強女子)と、岩岡ひとみ(福祉理美容代表)という謎の共演ではありますが、

名古屋近郊のみなさま、ぜひご参加ください。

開催日 2017年2月17日(金)
時間 18:30受付開始 19:00開会 21:00閉会
会場 名古屋能楽堂
住所 〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
入場 入場無料

事前申し込みが必要です。下記サイトから手続きをお願いします。

https://www.nagoyajc.or.jp/67nendo/schedule/schedule01.html

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.01.05更新

オンラインサロン福祉美容

 

女性モード社さんの「美容の経営プラン」さんで福祉理美容オンラインサロンの紹介をしていただいています。

髪書房さんの「NEXT LEADER」では福祉理美容の記事も一緒にご紹介いただきました。

福祉美容記事

オンラインサロンでは、第一期メンバーが既に活動や交流を始めています。

今なら、1月の新企画の分科会も立ち上がったばかり!

2017年新しい気持ちでご参加ください!ふくりびが、皆さんの学びと成長の後押しをします!!

「ふくりびと」会員制コミュニティーオンラインサロンについては、下記からお申し込み頂けます。

https://lounge.dmm.com/detail/227/

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.11更新

『ちょき』@渋谷HUMAXシネマ

12月3日より順次全国ロードショー映画『ちょき』の渋谷での公開記念イベントに

ふくりび理事長赤木と事務局長岩岡が、12月5日・6日と2夜連続で登壇しました。

12月5日(月)
◆『映画プロデューサー×美容師』映画を切りとるトークショー
映画評論家・プロデューサー・教育者などなど幅広い顔を持つ寺脇研さんと、本作のプロデューサー加藤伸崇さん、

そしてちょきさんと同じくサロンを経営している赤木勝幸・岩岡ひとみとともに、ちょきの世界を色々な切り口から覗き込みました。

映画ふくりび

地域での美容室の存在について、盲目の少女の障害についての描き方、美容師とお客さんの恋の話まで大いに盛り上がりました!!

寺脇さんのプロデュースした、「バットオンリーラヴ」もまだまだ各地で上映中、こちらもがんで声を失くした佐野監督の熱演、見逃せません。

https://www.facebook.com/but.only.love/?fref=ts

ちょきふくりび


12月6日(火)※理美容師割引デイ
◆『ちょき×福祉理美容』トークショー~ふくりびから見たちょきの世界~
普段、あまりなじみのない福祉理美容という言葉。サキと直人の関係性から滲み出る優しさに福祉理美容の本質を見られたそうです。
NPOふくりび(全国福祉理美容師養成協会)の赤木勝幸理事長と岩岡ひとみ事務局長と、金井監督で、作品のことから福祉理美容の在り方を、「ちょき」を通してお話しました。

ちょきふくりび

金井監督とは、控え室でもみっちりと作品の世界観について語り合いました。

映画を創ることは、監督が創りたいものと、周りの要望や予算の関係などのバランスを取るといった点で、ソーシャルビジネスにも似た側面があるのでは?と感じました。

両輪のバランスとこだわり、奥が深い~。

わたしが、どうしても聞きたかったラストシーンについてや、会場からの質問にも丁寧に答えてくださって、

優しい映画を撮る監督は、やはり優しい雰囲気が滲み出る素敵な方でした!!

33歳!!次回作が楽しみです☆彡

ちょきふくりび

いやー、何度観ても良い映画です。

美容師さんには特に、観ていただきたい。

美容の本質、人と人とが繋がる場所・仕事

そして、その人らしさや尊厳を支える仕事

福祉理美容にも繋がる、考え方というか、在り方が溢れています。

渋谷での上映は、12月16日(金)まで
◆渋谷楽日御礼挨拶
2週間の連日のイベントの締めに、最後に観に来てくださったみなさまにご挨拶をさせていただきます。

※詳細は劇場HPよりご確認ください
渋谷HUMAXシネマ:http://humax-cinema.co.jp/cinema/shibuya/index.html

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.01更新

【『ちょき』渋谷HUMAXシネマにて連日イベント決定!!第②弾】
12月3日より順次全国ロードショーとなります映画『ちょき』の渋谷での公開記念イベントに

ふくりび理事長赤木と事務局長岩岡が、12月5日・6日と2夜連続で登壇します。

12月5日(月)
◆『映画プロデューサー×美容師』映画を切りとるトークショー
映画評論家・プロデューサー・教育者などなど幅広い顔を持つ寺脇研さんと、本作のプロデューサー加藤伸崇さん、そしてちょきさんと同じくサロンを経営されている美容師の赤木勝幸さんと岩岡ひとみさんをお招きして、ちょきの世界を色々な切り口から覗き込みます。
12月6日(火)※理美容師割引あり
◆『ちょき×福祉理美容』トークショー~ふくりびから見たちょきの世界~
普段、あまりなじみのない福祉理美容という言葉。サキと直人の関係性から滲み出る優しさに福祉理美容の本質を見られたそうです。
NPOふくりび(全国福祉理美容師養成協会)の赤木勝幸理事長と岩岡ひとみ事務局長をお招きし、金井監督に作品のことから福祉理美容の在り方を、「ちょき」を通してお話します。

 

 

ちょきポスター

©2016「ちょき」フィルムパートナーズ

https://www.facebook.com/chokimovie/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.10.19更新

10月11日より、DMM.loungeにて

「ふくりびと つなげよう・広げよう福祉理美容コミュニティー」

第一期のラウンジメンバーの募集を開始しています。

https://lounge.dmm.com/detail/227/

ふくりびオンラインサロン

既にご入会いただいた会員さん(ラウンジメンバー)と、交流を深めています!!

今日は少しだけ、オンラインサロンで、これからどんなことをやっていくのか、予定を発表しますので、

興味のある方は、早めにご入会くださいねー!!!

 

まずは、3ヶ月を1クールとしてテーマを設定してゲスト投稿や議論を進めていきます。


★大テーマ
○開設から年末まで=「介護・福祉・医療の基礎知識」
○1月から3月=「訪問美容・医療用ウィッグの営業・集客」
○4月から6月=「広報・WEB発信強化・マスコミPRなど」
○7月から9月=「訪問美容・ウィッグの技術と教育」
○10月から12月=「採用・人材管理・シフトや運営の仕組み」


★レポート予定

11月1週目=10月24日・25日開催の福祉理美容合宿研修のレポート

11月2週目=11月1日開催の美容福祉学会登壇レポート

11月4週目=MiMi×ふくりびアピアランスサポートセミナーあいちレポート


12月1週目=オーストラリア福祉フォーラムレポート
など

 

☆彡ふくりびとオンラインサロンってこんな場所☆彡

〈オンライン〉
・ふくりび活動裏話(オンラインサロンだけでの限定公開写真や・技術ノウハウの公開など)
・コラム寄稿(各分野のゲストが定期更新)
・Q&A(赤木・岩岡が直接お答えします)
・スカイプ相談(別途費用)
〈オフライン〉
・ふくりびとセミナー(東京・名古屋で年4回程度)への優先参加
・ふくりびと合宿(名古屋で年2回程度)への優先参加
・会員限定カジュアルMTG(東京・大阪・名古屋で不定期)※人数限定

こんな方におすすめ

・美容・理容サロンオーナー
・エステ・ネイル・鍼灸オーナー
・上記業種で福祉理美容・訪問理美容などで将来独立を考えている方
・訪問理美容を始めたい方・始めていてもっと広げて行きたい方
・子育てと理美容の仕事を両立して生き生き働きたい方
・医療用ウィッグやアピアランスサポートを充実させたい方
・新しいネットワークで業界の在り方を変えたい方

 

ふくりびのサイト内でもオンラインサロンの詳細ページを作りました!!

http://www.fukuribi.jp/dmm/

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.24更新

中日新聞ふくりび

8月23日中日新聞朝刊の医療ページに、4分の1サイズで大きく取り上げていただきました!!

沢山の患者さんに情報が届き、悩みにお応えできれば嬉しいです。

 

中日新聞記事は下記中日メディカルサイトにも掲載中です。
昨日は、遠くは石川県からも問い合わせの電話を頂きました。

ウィッグ・眉毛・暑さ対策、爪の変色・トップピースのご相談など相談内容も様々でしたが、看護師や美容師・ネイリストそれぞれの専門分野で手分けして、

全てに対応をさせていただきました!!


アピアランスサポートセンターあいちでは、患者さんのアピアランス(外見)に関する悩みをサポートしています。
他社ウィッグのお手入れの相談も受け付けています。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20160823142133189

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.07.31更新

「ALWAYS BE YOURSELF という本を読みました」

というお電話を頂きました。

奥様の医療用ウィッグをお探しとのことで、最寄りのふくりびパートナーサロンさんをご紹介しました。

ALWAYS BE YOURSELF

医療用ウィッグをおしゃれでかわいく、適正な価格で、

温かく誠実な対応で、安心して通い続けて頂ける美容室で当たり前に相談できる

そんな状態を作りたいと思って活動を広げてきました。

賛同して下さる美容室も増えて、ふくりび独自の研修を受け、医療用ウィッグを取り扱うパートナーサロンも、もうすぐ100サロンを超えそうです。

「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」

アピアランスサポートを通じて、闘病中の辛い気持ちや苦しい思いが少しでも楽になり、気持ちが明るくなる瞬間が増えればと

ふくりびは考え続けています。

 

医療系・製薬系・女性応援系企業CSRご担当者様、ぜひ写真集を纏めてご購入頂き、医療関係者への配本にご協力いただければと思います。
皆様のご協力により、さらに寄贈冊数を増やすことができます。
全国の病院、がん相談支援室、外来化学療法室などへの寄贈を増やしてまいりたいと考えております。


ご協力いただける方は、ぜひNPOふくりび事務局までお問い合わせください。
info@fukuribi.jp
052-801-5203

 

=================================================
「がん闘病中の髪・肌・爪のサポートブック」英治出版
内容紹介
抗がん剤の副作用で脱毛している闘病中の女性も、
今まで通り我慢せずおしゃれな髪型を楽しんでほしい。
20年以上にわたって訪問理美容、福祉理美容師養成を行っている
プロフェッショナルNPO「ふくりび」が、
250人の支援者、医療関係者、美容関係者とともに制作した、
医療用ウィッグ写真集&髪・肌・爪の悩みサポートブック。

■医療用ウィッグ写真集
<医療用ウィッグでもこんなに自然で素敵なヘアスタイルができる!>
一流の美容師が、医療用ウィッグに対するネガティブなイメージを覆すようなヘアデザインを提案。
子どもの発表会、スポーツ観戦やアウトドア、旅行、外回りの仕事、女子会、休日の散歩、パーティー、デート……
さまざまなシーンに合ったスタイリングを紹介! ショートからボブ、ミディアム、ウルフスタイルまで、「あなたに似合うスタイル」が見つかります。

■オール人毛「ふくりびウィッグ」カタログ
<市場価格の3分の1以下で購入できる、利用者に合わせたセミオーダー式の医療用ウィッグ!>
髪のプロである美容師の創意工夫、そしてがん治療に詳しい医療関係者のアドバイスから生まれたのが、
オール人毛100%、6万円の「ふくりびウィッグ」。品質や価格がバラバラでわかりにくいウィッグの正しい知識や選び方を、
プロフェッショナルたちがわかりやすく解説します。「ふくりびウィッグのオーダー方法」や「ふくりびウィッグ体験」も収録。
■闘病中の髪・爪・肌とまつ毛のお悩み
<抗がん剤治療中の毎日をより快適に過ごすために知っておきたいこと。>
「実際の脱毛はどの程度?」「シャンプーの頻度は?」「洗い方のポイントは?」「生え替わったら髪質は変わるの?」…髪のお悩み
「爪にはどんな影響が出る?」「いつ頃からネイルサロンに行ってもいい?」「闘病中のネイルケアはどうしたらいい?」…爪のお悩み
「皮膚障害はどれくらいつづく?」「日常生活で気をつけられることは?」「抗がん剤でまつ毛も抜けるの?」…肌・まつ毛のお悩み

著者について
[著者]
赤木 勝幸(あかぎ・かつゆき)
1968年愛知県東海市生まれ。15歳で理美容の世界へ、27歳で愛知県日進市にて独立開業。開業時から近隣介護施設等での訪問理美容活動を開始。07年に「誰もがその人らしく、美しく過ごせる社会の実現」を目指す、多職種協働によるプロフェッショナルNPO、全国福祉理美容師養成協会を設立、理事長に就任。08年には社会貢献支援財団社会貢献賞受賞。現在は、全国での研修・講習等の講師として活動中。

岩岡 ひとみ(いわおか・ひとみ)
1978年生まれ、17歳で妊娠・結婚出産のため、進学校中退。2004年に子育てしながらネイリストとして美容室で働いていた時に、訪問理美容活動に参加。感銘を受け、訪問理美容を普及させたいとの思いから、ヘルパー2級取得、美容師国家資格取得。同協会設立時に事務局長就任。2009年内閣府青年社会活動コアリーダー育成プログラム英国派遣団員。2010年東アジア地域国際シンポジウム招聘者。2012年内閣府女性のチャレンジ賞受賞。2013年シアトルiLeap SIFJ招聘者、第27回人間力大賞厚生労働大臣奨励賞受賞。愛知学院大学経営学部非常勤講師。

NPO法人 全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)
理美容・医療・介護・ファッションなどの多職種専門家が「得意を活かして社会貢献活動」をするプロフェッショナルNPO。「誰もがその人らしく、美しく過ごせる社会の実現」を目指して、福祉理美容師の養成、病院や高齢者施設への訪問理美容、フィリピン・セブ島を中心とした職業訓練、医療用ウィッグ(かつら)の制作・販売などを20年以上にわたって行っている。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.04.09更新

ホットペッパービューティーアカデミーでの連載「サロンで始める訪問美容」もいよいよ7回目。

訪問美容美容室

訪問美容を始める上で、美容師さんたちが一番悩む「営業」について

【経営・マネジメント編/営業活動の準備】
営業活動をしよう②
サロンが訪問美容を始めたことを、お客さまご本人や施設スタッフ、介護されるご家族の方々に知っていただくためには、vol.6でご紹介した宣伝とともに、営業活動を行うことが大切です。今回は、営業をスムーズに行うための「準備」についてレクチャーします。

営業で重要視されるのは「信頼できるかどうか」。
準備をしっかり行い、服装にも気を配りましょう。

記事はこちらから(リクルートホットペッパービューティーアカデミーのサイトへ)

 

訪問美容が、全国どこでも安全に・素敵に・当たり前に提供されるような未来を目指して、

ふくりびは多職種協働のNPOとして活動を進めていきます。

================================

 訪問美容・福祉美容・医療用ウィッグのコンサルティングは

NPOふくりびまで

スカイプコンサルについては

 

052-801-5203

info@fukuribi.jp

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ