2018.10.27更新

矢方美紀 ウィッグ

結婚式や成人式の前撮り、七五三など、、大事な方とのイベントを素敵なヘアスタイルで楽しみたい。

 矢方美紀ウィッグ

ふくりびでは闘病中でも大切なイベントを諦めず、

その方らしく過ごせるように

着物、ドレスに合わせてウィッグのヘアセットも承ります。

 

お持ちのウィッグが短い方は、ふくりびの人毛100%のロングウィッグのレンタル貸し出しをおこなっています。

人毛なのでヘアアイロンやドライヤーも使え、自毛と同じようにヘアセットを楽しむことができます!

 

2泊3日アップウィッグレンタルで13000円(税別)

ふくりびウィッグを購入いただいた方は10,000円(税別)です。

 

 

お持ちのウィッグでのヘアセットも承ります。

6,500円(税別)です。

 

 

ご相談、お問い合わせは

愛知がんセンターから徒歩1分

アピアランスサポートセンターあいち

0120-352-241

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.10.08更新

26才の乳がんサバイバー・元SKE48「矢方美紀 」が

NPOふくりびがん患者向け医療用ウィッグイメージガールに就任!

矢方美紀 ウィッグ ふくりび

~病院設置のパンフレットやWEBでウィッグモデルを~治療と仕事などの社会生活を両立させる上で、

髪・肌・爪など外見に現れる副作用への「アピアランスサポート」は患者の生活を支える大事な要素だと伝えたい

 

NPO法人全国福祉理美容師養成協会(所在地:愛知県日進市、理事長:赤木 勝幸、以下「ふくりび」)の「アピアランスサポートセンターTOKYO・あいち」をはじめとする専門施設と全国120拠点の美容室で製造販売する人毛100%の医療用ウィッグ(URL:http://www.fukuribi.jp/medical/ )イメージガールに「矢方美紀」が就任。 NPOふくりびでは、2012年より、がん治療の副作用による脱毛や脱毛症患者向けに市場の3分の1以下の価格で人毛ウィッグを製作している。現在乳がん治療中で、実際にふくりびの医療用ウィッグを着用しながらタレント活動を続けている「矢方美紀」さんが、全国の病院等で配布される医療用ウィッグのパンフレットやポスター、WEBにて専属モデルを務めます。治療と就労をはじめとする社会生活を両立させる上で、髪・肌・爪などの外見に現れる副作用へのサポート「アピアランスサポート」は患者の生活を支える大事な要素として近年広がりを見せており、矢方さんの就任により「闘病中でも自分らしく在りたい」という患者とNPOふくりびのサポートが繋がっていくことを目指します。

矢方美紀 医療用ウィッグ

【矢方美紀(ヤカタミキ)プロフィール】
1992年6月29日 大分県出身 7年半所属したSKE48ではチームSのリーダーを務める。 2018年4月、25歳の時にステージ2Bの乳がんにより、左乳房全摘出・リンパ節切除の手術を受ける。 乳がんの早期発見・セルフチェックの重要性を伝えるとともに、治療を続けながらも普通の生活を送る姿をSNSを通じて日々発信している。 現在、NHK(東海エリアのみ)でレギュラー番組『#乳がんダイアリー 矢方美紀』を放送中。 その他、ラジオ出演・ナレーション・MC・講演会等、名古屋を中心にタレント活動中。

 

【矢方美紀さんのコメント】
この度、ふくりびウィッグのイメージガールに就任させて頂きました! 抗がん剤治療が始まり、脱毛により色々なウィッグを利用しましたが、なかなかイメージに合うものが無く、お手入れも大変。仕事中もナチュラルに過ごせるか?と日々悩んでいました。そんな中、初めてふくりびさんのウィッグを着用した時の感動は衝撃的でした。自分の毎日の生活で明るくなれたのは、ウィッグも大きな理由の一つです!ヘアスタイルも含め、日々のお洒落は大切なモチベーションに繋がっています!本当に感謝しています☆同じ悩みを持つ沢山の方にも素敵なウィッグで毎日のおしゃれを諦めないで過ごして欲しいと思っています。矢方美紀

矢方美紀 ウィッグ アピアランス

11月・12月に名古屋・東京で開催される「アピアランスサポートセミナー2018」にも矢方美紀が登壇し、治療と就労継続とアピアランス(外見)サポートについて、医療関係者や企業人事担当者などと「自分らしく治療を続けながら働くこと」について話し合う。
http://www.fukuribi.jp/blog/2018/09/post-326-630730.html

 

〈ふくりびの医療用ウィッグとアピアランスサポートとは〉
病気の治療による副作用、様々な障害などによる、髪・肌・爪などの外見の変化に悩む方へのサポート全般のことを指します。ふくりびでは、看護師・美容師・ネイリスト・エステティシャンなどが連携し以下のサポートを行なっております。

(1)人毛100%6万円(市場の3分の1の価格)の医療用ウィッグやトップピースの製作
(2)再発毛後の髪や頭皮のケア
(3)爪や肌のケア
(4)まつ毛や眉毛の脱毛に関するメイク方法・肌のくすみや発疹をカバーするメイク方法の指導や施術
(5)治療中のライフイベントサポート(結婚式・卒業式・成人式の着付けやヘアセット・メイク・写真撮影など)
(6)その他、手術後の下着の相談、人工乳房の試着・制作相談など
(7)アピアランスサポートに関するセミナーなどの実施

 

矢方美紀 ウィッグ 名古屋

※写真はすべてふくりび医療用ウィッグを着用しています。

〈「アピアランスサポート」が注目される社会的背景〉
仕事を持ちながらがん治療の通院をしている「ながらワーカー」は、全国に約32.5万人(*注1)いるといわれています。「治療に伴う身体症状の苦痛調査」の乳がん患者の苦痛 TOP20では、脱毛などの外から分かる「見た目」の症状が20項目中12項目(*注2)を占めています。苦痛の60%は、痛みも伴わない「外見に現れる副作用」ということになります。

また現在、医療用ウィッグとして市場に出ている商品の多くは、化繊のウィッグ(かつら)であり、人毛と比べると不自然なツヤが出てしまいます。そのようなかつらはかつら専門店で販売されており、美容師免許がない無資格者がウィッグをカットしている場合がほとんどです。

「ウィッグだとばれると、ご近所の人にがんだとわかってしまう」

「営業職なので帽子をかぶって仕事をするわけにもいかず、かといって髪や眉毛が無いままで営業に周るのも印象が悪いし、お客様に変な気を使わせたくない」

と思っている方々に対し、見た目のケアを行い人生の大切なときを笑顔で迎えられるようにケアすることが私たちの仕事です。

また、全国25万軒ある美容室でも当たり前にアピアランスサポートを提供できるよう、美容業界初となる専門書籍を出版、5月以降美容関係者向けセミナーを東京・名古屋で実施予定。
(注※1)2010年国民生活基礎調査に基づく推計 (http://www.asahi.com/ad/nextribbon/data/) 内の図「厚生労働省「平成22年国民生活基礎調査」を基に同省健康局にて特別集計したもの」
(注※2)『臨床で活かす がん患者のアピアランスケア』2017年7月1日 発行 株式会社南山堂 編者:野澤桂子 藤間勝子

「美容室でできるアピアランスサポートマニュアル」(女性モード社)

2018年4月25日発売
https://www.j-mode.co.jp/book/1052/

【NPO法人全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)とは】

「誰もがその人らしく美しく過ごすことができる社会の実現」を目指す医療・介護・理美容・ファッションなどの専門家による「得意を生かして、好きな事で社会貢献」をテーマにした多職種協働のプロフェッショナル型NPOです。任意団体時から23年に亘り、高齢者・障害者・闘病中患者のための介護施設や病院、居宅への訪問理美容サービスの提供、訪問理美容師の養成、医療用ウィッグの製造販売、障害者就労支援「身だしなみ」講座の開催や介護、東日本大震災の被災者への衛生ボランティア等も実施。
http://www.fukuribi.jp/
2015年に「アピアランスサポートセンターあいち」2018年5月から「アピアランスサポートセンターTOKYO」を運営。

【赤木勝幸】(NPO全国福祉理美容師養成協会理事長・ウィッグデザイナー)
1995年より訪問理美容活動を開始。「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」を目指し、全国の「訪問理美容サービス」の質の向上、訪問理美容師の育成や高齢者・介護者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上などに尽力する同協会を2007年に設立、理事長に就任。がん患者のアピアランス支援では、これまでに1200人以上の患者に医療用ウィッグを製作、院内でのウェディングなどもサポート。2008年社会貢献支援財団社会貢献賞受賞。著書に、「訪問理美容スタートBOOK(女性モード社)」「がん闘病中の髪・肌・爪のサポートブック(英治出版)」など。

【岩岡ひとみ】(NPO全国福祉理美容師養成協会事務局長・愛知学院大学経営学部非常勤講師)
17歳で妊娠・結婚出産のため、進学校中退。2004年に子育てしながらネイリスト・レセプショネスとして美容室で働いていた時に、訪問理美容活動に参加。感銘を受け、訪問理美容を普及させたいとの思いから、ヘルパー2級取得、美容師国家資格取得。同協会設立時に事務局長就任。2009年内閣府青年社会活動コアリーダー育成プログラム英国派遣団員。2010年東アジア地域国際シンポジウム招聘者。2012年内閣府女性のチャレンジ賞受賞。2013年シアトルiLeap SIFJ招聘者、第27回人間力大賞厚生労働大臣奨励賞受賞、東京都APT-Women第一期生。

【本件の問い合わせ先】
NPO法人全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)事務局
岩岡ひとみ info@fukuribi.jp

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.10.08更新

ふくりび医療用ウィッグイメージガールの
「矢方美紀」さんが出演する
特集番組「26歳の乳がんダイアリー矢方美紀」

矢方美紀 ウィッグ

NHKでいよいよ、8日夜11:55~放送です。
アピアランスサポートセンターあいちを訪れ、医療用ウィッグを製作している姿なども放送される予定です。

お見逃しなく。

矢方美紀 ウィッグ

<放送予定>
10月8日(月・祝)総合 午後11:55~9日午前0:20(中部7県)
10月13日(土)総合 午前11:25~11:50(中部7県)(再)

日本人女性の11人に1人が生涯のうちに経験すると言われる乳がん。
元SKE48メンバーでタレントの矢方美紀さん(26)は今年4月に乳がんの手術を受け、
現在も治療を続けています。
抗がん剤の副作用による脱毛や、仕事と治療の両立の不安など、日々直面する出来事を、
矢方さんは“自撮り”による日記に記録してきました。
その映像をもとに、矢方さんが乳がんという病と付き合いながら生きる26歳の今を見つめます。


https://www.nhk.or.jp/.../diary/program_sp01/index.html

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.08.01更新

こんにちは。
ふくりびの髙橋です。

 

この度ふくりびウィッグは、撮影現場のプロのヘアメイクさんや俳優さんにも自然な見た目と長時間の撮影にも快適に演技ができると

好評いただき、映画【火口にふたり】で使用されることになりました。

火口のふたり

先日、俳優 柄本佑さんが、あぴサポ東京へご来店。

火口のふたり

頭のサイズの採寸、ヘアスタイルの相談を助監督、ヘアメイクさんと打ち合わせしました。

火口のふたり

火口のふたり

長時間に及ぶ撮影では、かつらがフィットしていないと演技にも集中できないとのこと。。

伸縮性の良い裏地で安心していただきました。

 

また、ヘアメイクさんの、1番のポイントとして、生え際の自然さに絶賛して頂きました。

静止画ではない、映画は髪の毛の動きや生え際の産毛もとても重要とのこと。

価格とクオリティーに驚かれていました。

 

撮影ウィッグとしても、お使いいただけますので、お気軽にご相談下さい。

 

アピアランスサポートセンター

愛知)0120ー35ー2241

東京)0120ー222ー128

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.06.29更新

訪問美容ゼミ、スタートします!!!

訪問美容ゼミ ふくりび

「訪問美容を今から本気で始めたい!」そんな方を応援する、新しい企画…それが「訪問美容ゼミ」です。

経験豊富な先生の指導、身近な先輩の体験談、リクルートが持つ営業ノウハウを活用いただき、半年かけて訪問美容に取り組んでいただきます。

 

詳細はこちらから

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2018.02.23更新

「がん患者が美容の力で「自分らしさ」を取り戻す場所を東京にOPEN」

あぴサポTOKYO 

アピアランスサポートセンターTOKYOのメッセージ動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=Ktw04G_YuF4&app=desktop

本日12時より、NPOふくりびはクラウドファンディングにチャレンジします。
「がん患者が美容の力で「自分らしさ」を取り戻す場所を東京にOPEN」
というプロジェクトで、アピアランスサポートセンターTOKYO(あぴサポTOKYO)を皆さんと一緒に開設したいと考えております。

理事長赤木が、愛知県で独立開業した時にスタートした介護施設への訪問理美容をきっかけに23年間、

ひとりひとりの高齢者やがん患者さんらと向き合う中で、
「外見の支援は内面の活力に繋がる」
と強く感じて、訪問理美容や福祉理美容を広げることに全力を尽くしてきました。

誰もが年をとり、誰もが病気になる。
そんな中で自分ができることが、少しでも周りの誰かの役に立つなら…。
そう思って始め、続けている活動です。

「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」を掲げNPOを設立してから10年、
東京で新しいチャレンジをします。

皆さんと一緒に、御茶ノ水に「あぴサポTOKYO」を創っていきたい。
我々のメッセージを、下記プロジェクトページで読んでください。

https://readyfor.jp/projects/apisuppotokyo

 

拡散やご寄付・応援・シェアなどどんな形でも結構ですので、

「アピアランスサポートセンターTOKYO」開設に向けてご協力をお願いいたします。

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.21更新

「グローバル」「テクノロジー」「ソーシャル」にまつわるニュースや活動内容を発信する

人と社会における“いま”と“これから”を繋ぐためのメディア、『Meet Recruit』にて、

ふくりび理事長赤木の取材記事が公開されました。

 

「どんな境遇でもその人らしく美しく。」一生涯顧客の美容を支える福祉理美容

22年に亘る福祉理美容活動、赤木の大きな後悔が強い決意に変わった瞬間とはー

ふくりび ミートリクルート

●内容抜粋

赤木が考える「一生涯顧客」

美容師が顧客と伴走する考え方。

この「一生涯顧客」という姿勢が赤木の美容への向き合い方を表している。

 

ぜひ、お読みください。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.17更新

NPOふくりびは22年に亘る訪問理美容・福祉理美容の経験を持ち、

愛知県がんセンター徒歩1分の場所で、がん患者さん向けのアピアランスサポートセンターあいちを運営する

福祉理美容のNPOです。

 来るスマ美容師

 

元祖「来るスマ美容師」理事長赤木も現場で技術指導しています!

がん闘病中の美容師さん、シングルマザーの美容師さん、障害をお持ちのお子さんがいる美容師さんなどは

特に積極的に採用し、人生と仕事を両立させる多様な働き方を応援します!!

来スマ美容師

☆短時間(午前中だけ、午後だけ)勤務可能☆

▼採用人数:5名

▼雇用形態:パート・アルバイト

▼勤務先:名古屋市・長久手町・日進市・東郷町、その他近郊介護施設及び高齢者等居宅

※その他エリアの求人に関しては、全国のふくりびの仲間の事業所などをご紹介します!!

▼仕事内容: 介護施設及び居宅での理美容(カット・パーマ・カラーなど)
特に、ショートスタイルの得意な方、大歓迎
▼必要なスキル
・理美容師免許所持
・理美容室での5年以上の勤務経験
・スタイリストとして2年以上カットを担当していた経験(アシスタント勤務のみは不可)
・介護福祉士資格、ヘルパー2級所持の場合、優遇

▼ 勤務時間:
  9:00~17:00 完全シフト制です
 ※通院や治療などのお休みも、シフト制なので、気にせず休んでいただけます。

 ※体調がすぐれない場合もヘルプのスタッフがサポートしますので、安心して働けます。

▼給与:時給1200円+能力給

▼必要な資格
 理容師・美容師免許

▼応募方法:
電話連絡の上、履歴書持参で面接

訪問美容求人募集

▼●お問合せ:

事務局長 岩岡

看護師:河合

052-801-5203

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.14更新

株式会社リクルートホールディングスのトレンド発表にて、美容、アルバイト・パート、人材派遣、社会人学習、人材マネジメント、飲食、婚活、住まいの8領域における2018年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードを発表されました!

ふくりびが目指す「訪問美容・福祉理美容」が一般化し、全国どこででも当たり前のサービスとして普及すること!!へ来年は一気に近づきそうです。

2月には、リクルートホットペッパービューティーアカデミーさんと、美容師さん向けの無料セミナーも開催予定です。

一緒に、福祉理美容・訪問理美容を拡げていきましょう!

 

下記リクルートサイトから

 

美容領域はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「来るスマ美容師」

来るスマ美容師

 

高齢者のもとへ「スマイルを届けに来る美容師」が増加の兆し!

概要

2018年は介護保険制度改正、介護報酬改定の年であり、高齢者向けの美容・健康など、関連サービスにも新しい動きが予想されている。美容業界においてはサロン数が増え続け、人口減少とともに競争が激化。また若手美容師の働く意義や、ママ美容師の働き方が多様化するなど変化もでてきている。そのようななかで、美容室に行くのが困難な高齢者のもとへ「スマイルを届けに来てくれる美容師」が増加の兆し。

美容領域:「来るスマ美容師」

背景

①高齢社会の加速:人口が減る一方で、高齢化率は上昇。2025年に団塊世代が後期高齢者となり、2035年には人口の約3人に1人が65歳以上の時代へ突入する。それに伴い、美容室へ行くのが困難となる「要支援」「要介護」認定を受ける高齢者も年々増加。高齢者向けのサービスにますます注目が集まる可能性がある。

②美容意識の高い高齢者の増加:60代後半~70代前半の高齢者は、10~20代の頃から流行のファッション(ミニスカートやパンタロンなど)を取り入れ、おしゃれを楽しんできた世代。いくつになっても見だしなみに気をつけていたいと答えた高齢者が85%、元気でいるためには美容も大切であるという高齢者が約70%。

▼詳細はこちらをご覧ください。http://www.recruit.jp/news_data/release/pdf/20171212_11.pdf

 

================================================================

ふくりびでは、名古屋・東京・三重・関西エリアで、訪問美容師になりたい美容師さんを募集しています。

詳しくは

http://www.fukuribi.jp/blog/2017/11/post-265-539570.html

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.10.14更新

NPO全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)が、東京都女性ベンチャー成長促進事業「APT Women」の第一期プログラム受講者に選ばれました。

APT Womenは、スケールアップを目指す女性ベンチャーに対し短期集中型育成プログラムを提供することで、
スケールアップに必要な経営知識やスキル、それらを共有するベンチャー企業同士の繋がり、
更に事業展開に欠かせない協力者・支援者(ベンチャーキャピタル、メディア、大企業等)とのネットワークの獲得を支援します。

Acceleration Program in Tokyo for Women

https://apt-women.tokyo/

APTWOMEN ふくりび

とのことで、ふくりびの訪問美容・医療用ウィッグの取り組みを国内・海外に広げていくために、

本気で4ヶ月間駆け抜けます!!!

キックオフイベントには小池百合子都知事もいらっしゃって、激励のお言葉を頂戴しました!

「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」に向けて、どんどん学び、進化し続けます。ブログでも研修内容などUPしていきますね!

APTWOMEN

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ