2016.12.29更新

就労支援・がん患者のためのあぴサポネイルスクール開校
(2017年1月〜3月の第1期は受講料無料)

ネイルスクール がん

がん患者さんのアピアランス(外見)サポートを行うアピアランスサポートセンターあいちは、2017年1月よりがん患者(経験者)を対象としたネイルスクールを開校いたします。

背景・目的:がん対策基本法制定から10年経ち、がん治療の進化により、治療後も社会で活躍できる人が増えてきた一方で、通院のため退職を余儀なくされるケースも増えるなど、新たな課題が出てきています。(勤務者の34%が依願退職、解雇。自営業等の者の13%が廃業。厚生労働科学研究費補助金、厚生労働省がん研究助成金「がんの社会学」に関する合同研究班 :平成16年)今国会にてがん患者が安心して暮らすことのできる社会への環境整備を盛り込んだがん対策基本法の改正法が12月9日、衆院本会議で可決、成立いたしました。がんに罹患した後も、安心して働くことのできる環境作りとして、国や地方自治体、医療機関、企業等により既に様々な取り組みがなされていますが十分であるとは言えず、今後より一層の拡充が求められることになります。
がん患者、経験者の中には手術や治療の副作用にて前職に復帰することが困難であったり、治療や通院に伴う休暇取得が難しいために勤務形態の変更を余儀なくされたりしているケースも多く聞かれます。働く世代のがん患者は女性が多いため、活躍している女性が多く、身体的負担が少なく、勤務形態も柔軟に対応できる職種の中で外見的なサポートにも繋がる職としてネイリスト(座っての仕事、重労働ではない、2時間程度の単位での仕事が可能、シフト制での勤務や自宅開業が可能等)に着目しました。そこで就労及び自宅開業を目指した職業訓練を提供いたします。

ネイルスクール

内容:1回5時間・全20回 100時間(時間、回数に関しては体調や通院等の事情を考慮し、単位制で振替可能とします)
〇ジェルネイル検定初級、中級の取得を目指すコース。
日本財団助成事業として、2017年1月〜3月の期間については、受講費用は無料・必要な材料や道具等も無償貸与いたします。
自宅開業希望者には、ネイルサロン経営者から経営や会計の基礎を学べる講義も実施。
卒業後は、アピアランスサポートセンターあいちでの就労も可能です。

平成29年12月29日1月25日(水)開校
週2回実施10:00〜16:00(うち1時間休憩) 
※カリキュラム等は別紙記載

受講場所:名古屋市千種区鹿子殿3-3アピアランスサポートセンターあいち(自由が丘駅徒歩7分・駐車場有り)

受講説明会は29年1月よりあぴサポで随時開催。

問い合わせ先:052-751-3700
アピアランスサポートセンターあいち(あぴサポあいち)
河合・岩岡まで

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.10.22更新

10月11日に開設したふくりびのオンラインラウンジ

「ふくりびと つなげよう・広げよう福祉理美容コミュニティー」

 

既に参加してくださっている方々は、サロン勤務の美容師さんが多く、

特に30代・40代のこれから訪問美容を始めたいという方が多いです。

オーナー・経営者に限らず、これからやりたい、学びたいという方、大歓迎です。

ネイリスト・エステシャン・鍼灸師なども大歓迎ですよ~。

 

10月末にはラウンジメンバーと初めてのオンライン飲み会(ハングアウトでのTV会議形式のおうち飲み会)を実施予定です。

「オン呑み」への参加をご希望される方は、下記のふくりび特設ページから申込方法をご確認いただき、

http://www.fukuribi.jp/dmm/

 

DMMのページからオンラインラウンジへ参加申し込み手続きをお済ませください。

https://lounge.dmm.com/detail/227/

 

まずは、3ヶ月を1クールとしてテーマを設定してゲスト投稿や議論を進めていきます。

★大テーマ
○開設から年末まで=「介護・福祉・医療の基礎知識」
○1月から3月=「訪問美容・医療用ウィッグの営業・集客」
○4月から6月=「広報・WEB発信強化・マスコミPRなど」
○7月から9月=「訪問美容・ウィッグの技術と教育」
○10月から12月=「採用・人材管理・シフトや運営の仕組み」

 

【こんな人に参加をおすすめします!!】

・美容・理容サロンオーナー

・エステ・ネイル・メイク・鍼灸サロンオーナー

・上記業種で福祉理美容・訪問理美容などで将来独立を考えている方

・訪問理美容を始めたい方・始めていてもっと広げて行きたい方

・子育てと理美容の仕事を両立して生き生き働きたい方

・医療用ウィッグやアピアランスサポートを充実させたい方

・新しいネットワークで業界の在り方を変えたい方

訪問理美容研修

申し込みや詳しい内容については、DMMLoungeのページで

https://lounge.dmm.com/detail/227/

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.09.22更新

こんにちは 遠藤ですni

 

あぴサポあいち に関わらせていただいて3カ月。

日々、このあぴサポが存在する意味を感じています。

 

ここで初めて手をさわらせていただいたE様のお爪を今日は一挙ご紹介glitter

 

こちらは先日のあぴ会 book関連記事http://www.fukuribi.jp/blog/2016/09/post-114-314293.html  )後にチェンジさせていただいたネイルアートです。

あぴ会後の女子会のようなワイワイしたお隣の部屋の雰囲気を感じながら、

今回も楽しい時間をE様にいただきました。

E09

 

9月に入り一気に秋らしくなり、お色目も ボルドー+茶系 に。

流れるラインが大人の女性を演出します。

E0901

 

その前回はこちら・・・

 

E0803

カーキ色フレンチ + ペイズリー柄。

「10本中 2本アート + 8本はシンプルに基本の塗り方」

 

わたしの好きなネイルパターンです。

シンプルに女性らしく。

ちなみに今の私の爪先はglitter

EMI

 

シンプルに 「ベージュ10本 + 大きなストーンを2本」 です。

(ストーンアートのご希望は、事前にお知らせいただく必要があります)

 

E様のジェルネイルの最初のきっかけは あぴサポへのウイッグ制作のご来店。

 

患者様によってお爪の状態は違いますが、

様子を見させていただき、ジェルネイルをさせていただく事も可能です。

ジェルネイルを 「補強」 としてさせていただけます。

 

もちろん、その前段階として「ネイルケア」やホームケアのアドバイスをさせていただきます。

お爪がいい状態を保てる + 美しくある glitter

事が私達スタッフがのぞむところです。

 

ジェルネイルだけでなく、お爪自体をケアさせていただく「ネイルケア」を推奨しております。

ケアを続けることで、お爪の健康を維持する。

お気軽にお声がけください。

 

 

book 関連記事 日常生活の中に爪へのダメージ要因が?! http://www.fukuribi.jp/blog/2016/09/post-112-311715.html 


あぴサポあいち

0120-352241

logo

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.09.21更新

 

こんにちは。ネイリストの遠藤ですni

 

前回記事で 「爪と髪は同じ器官!?」と題して、爪の大切さのお話をしました。  (前回記事:【爪と髪は同じ器官!?】)

ものをつかむなどの手先の機能を保護しています。

 

では、爪へのダメージ(負担)の要因とは何があるでしょうか。

 

・外から帰ると石鹸で手を洗います。

・消毒意識が強まった今、あらゆるところでエタノール消毒をします。

・洗剤をつけてお皿洗い。そしてお湯で流します。

・缶を空けます。

・ガーデニングをします。

・お掃除します。

 shokki

「ダメージ(負担)の要因」といいましたが、そうなんです?!

特に何のダメージを与えているつもりがない普段の生活の中

お爪へ負担をかけている要因がわんさかあるのです!!

 

爪と同じ髪へのダメージは、カラーリングや紫外線 とわかりやすいですが、

お爪の要因は、意外にも日常生活をおくっているいるなかでも様々あるのです。

 

ここからもわかるように、個々の生活環境でも違ってきます。

主婦業をする方はこの要因をたくさん抱えていますね。

PCで指先をたたかれている方、飲食でお水をよく使われる方、荷物運びををされる方などもダメージ要因がたくさんあります。

 

お爪の表面を屋根瓦だとイメージしてみてください。

kawara

瓦一つ一つはくっついています。

しかし雨風、台風なんか来た時には、接着部分ははがれ飛んでいってしまいます。

 

お爪の表面も同じ状態です。

お爪の表面は、水分や油分が接着剤となり、表面の角質同士がくっついています。

これが乾燥し油分水分が減ることで、ペリペリとはがれおち、お爪は弱く薄くなります。

また柔軟性もなくなり、亀裂や欠ける症状が出てきます。

 

では、そのような弱く欠けやすくなったお爪を健康で丈夫なお爪にするにはどのような事をすればよいのでしょうか?

お爪の構造を知ることから、そのケア方法をご紹介していきます。


 

 

この日常生活の要因だけでなく、

病気や薬の副作用でもお爪の状態が変化することがあります。

 

当アピアランスセンターでは、患者様のお爪の変化を様々拝見しています。

ネイリスト・看護師他等がそれぞれの状態をみさせていただき

お爪のケア方法を一緒に考えていきます。

是非お気軽にお問合せください。

 

 

 book 関連記事 お爪のアピアランス http://www.fukuribi.jp/blog/2016/08/post-105-300704.html

 book 関連記事 ① 爪と髪は同じ器官!? http://www.fukuribi.jp/blog/2016/09/post-111-311694.html

 

あぴサポあいち 

0120-352241

ロゴ

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.09.09更新

こんにちは。ネイリストの遠藤ですni

 

「ネイルケア」をお勧めしているネイリストの一人遠藤ですが、

 皆さん、「ネイルケア」という言葉になじみはありますか?

 

「ヘアケア」「肌ケア」 というと、日常的にされている方は多いのではないでしょうか?

 お肌のケアは勿論、ヘアケアをされていない方はおられないのではないでしょうか?

 

実はっ、 爪(ネイル)は髪(ヘア)と同じ分類内にある *皮膚の付属器官 なんです。

 *皮膚の付属器官とは、表皮の角質が変化して硬くなったものを指します。

 

この「爪」は大きな役割をしています。

例えば・・・

爪が指先を保護するおかげで、手足の動作において指先に力を加えたり、うまく歩いたりする事が出来るのです。

 

爪ボタン

ボタンを普通に押せるのも、爪があるおかげです。

 

こんなに大切な爪。

これをケアするのが「ネイルケア」です。

 

髪と同じく、お爪も日々の生活であらゆるものからダメージを受けています。

 ダメージ要因は、髪だと「紫外線やカラーリング」と思い描きやすいですが・・・

 

そう、

お爪はいまいちその要因がイメージしにくいんですよね。

だから、なかなか「ネイルケア」が常識的・一般的な習慣として定着していないのではないでしょうか(私の考えですが)

 

では次はその要因から「ネイルケア」を考えていきましょう。

 right arrow日常生活にお爪の負担要因が?! http://www.fukuribi.jp/blog/2016/09/post-112-311715.html 

 

 

 


 

  book 関連記事 お爪のアピアランス http://www.fukuribi.jp/blog/2016/08/post-105-300704.html  

 book 関連記事 ②  http://www.fukuribi.jp/blog/2016/09/post-112-311715.html

 telephone あぴサポあいち 0120-352241

ロゴ

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.26更新

こんにちは

 

あぴサポでのジェルネイルのお客様のデザインのご紹介です。

 

抗がん剤 ネイル

抗がん剤治療 ジェルネイル

アピアランスサポート ネイル

家紋ネイル ジェルネイル

あぴサポでは、がん治療中でも気兼ねなく通えるサロンとして爪の状態を見ながら丁寧に施術しています。

 

※入院が迫っていたり(多くの病院は入院時にはネイルをオフしてください、という決まりになっていると思います。特に手術などの際には、術中に爪の色を見たり、爪を挟む形で測定する値などがあるので、基本的にはNGです)、爪が剥がれてきている、爪の周囲が赤くなっていたり、痛みがある、極度に薄くなっている、などの場合は施術できないことがあります。事前にご相談ください。

 

メイクもネイルも、髪型も、女性にとっては気分を左右する大きな要素です。

 

治療中だから、という理由で今までのサロンで断られたり、同じサロンに行くのは嫌だなぁと感じられたり、とネイルは無理だと思われている方も多くいらっしゃいます。

 

治療中でも、おしゃれを楽しんで欲しいと思っています。是非お越しくださいね。

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会