2020.01.24更新

こんにちは。

脱毛症の方用の、人毛100%フルオーダーウィッグのモニターを募集開始しました。

限定5名です。

新規・リピーター共に可‼︎
脱毛症

ステップ①

お電話またはメールで採寸予約。

NPOふくりび本部

052−801−5203(月・火定休日)

info@fukuribi.jp(24時間受付/ウィッグモニター希望とお入れください)

ご予約場所は、いずれかの3か所になります。
・NPOふくりび本部
愛知県日進市香久山102809

・アピアランスサポートセンターあいち

名古屋市千種区鹿子殿3−3
・アピアランスサポートセンターTOKYO

東京都文京区本郷3−2−3

 

ステップ②
頭部の採寸

・ふくりびオリジナルの裏地を2種類用意しています。どちらか選んで頂けます。

人工皮膚付きで上からも自然!

伸縮性のある柔らかい裏地と、生地が薄くフィット感の良いシリコン製の2種類。

・髪の毛の色も10色から選べます。

・髪型の打ち合わせ(出来上がりのウィッグは美容師が顔に合わせて1つ1つ作っていきます。)

脱毛症

*********約50〜60日製作期間*************

ステップ③
出来あがったウィッグをカットやカラーなどをして製作!!

モニター限定スタイルカット無料です!

ショートもロングも自由自在に♫

カラーやパーマも出来ます!

脱毛症

脱毛症

 

モニターのご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2020.01.23更新

医療用ウィッグで素敵にアレンジして、特別な行事やイベント事にもお出かけできますよ。

結婚式や、お子さまの入学入園、七五三の前撮りなど。。

和装、洋装など、様々な用途に合わせてアレンジ致します。

お手持ちのウィッグの長さや状態により、出来るアレンジも様々なので、あぴさぽ美容師へ気軽にご相談ください♪

アレンジ

写真上のようなハーフアップスタイルは、襟足やお顔周りは髪の毛でカバーしながら楽しめるので安心して被れる事からウィッグでのアレンジに人気のスタイルです。

もちろん、ふくりびのウィッグでは襟足の後れ毛の再現もしっかり致しますので、写真下のようなフルアップスタイルにも対応できます。こちらは和装でもお似合いになるシニオンスタイル。

ヘアアクセサリーによってもガラッと雰囲気も変わりますよ!

ウィッグのヘアアレンジは、6500円+税~承ります。

アレンジ

 

また、お手持ちのウィッグがショートでしたり、ご希望のアレンジが出来ない場合は、レンタルウィッグもございます。

3泊4日  13000円+税。   

ふくりびのウィッグをお買い上げ頂いた事のあるお客様は

3泊4日  10000円+税。  で承ります。

サイズや長さのご用意に限りがありますので、レンタルご希望の方はお早めにご相談いただく事をおすすめします。

 

アピアランスサポートセンター

あいち 0120352241

tokyo  0120222128

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2020.01.11更新

こんにちは。

先日は病院内でがん患者をサポートするための、
医療者向けアピアランスサポート勉強会にお呼び頂きました。

院内セミナー

がん化学療法認定看護師の方による、“アピアランスの基礎”のお話のあと、
ふくりびは、実際のサポート事例を中心に発表させて頂きました。

院内での事例には、
院内ウェディング・小児科入院中の親子のヘアメイクイベントなど。

院内セミナー
院内セミナー
病院はもちろん多職種と連携することで、
患者の希望を叶えることが出来るということをお話させて頂きました。

あぴサポ内のサポート事例には、
妹さんの結婚式に出席される方や、

成人式を迎える娘さんとの記念撮影のためのウィッグのヘアセット、など。

治療中にも訪れる大切なイベントにも諦めずに参加ができるようにサポートをしています。

他にも実際のウィッグを被ったり、ネイルケア資材もみて頂きました。

院内セミナー

 

 

 

アピアランスサポートのゴールは患者さんが「今の自分もいいな」と思えること。

これが自己肯定感にも繋がり、

治療にも前向きに取り組めるきっかけになると思います。

 

全国の医療機関で医療者向けセミナーを開催しております。
セミナーのご依頼や、院内での各種イベントはお気軽にご相談ください。

info@fukuribi.jp

052-801-5203

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2020.01.08更新

“びびスタ”の説明会をします!!
VR認知症体験付き!

2月4日(火曜日)13時〜(受付)

参加費5000円
その場でびびスタ本申し込みの方は5000円キャッシュバックします。

会場の詳細は説明会お申込み後にご連絡致します。

☆スケジュール

13:30 訪問美容について“びびスタ”の講習、サポート内容について

13:45 VR体験会+ワークショップ

15:15 これからのスケジュールと申し込み方法について

15:30 終了

 びびスタ

『説明会申込み方法』

メール又はお電話でお願いします。
info@fukuribi.jp

03-6801-6543

 

●びびスタについて
・「びびスタ」は、VR認知症体験などの介護知識の研修、また訪問美容のマネジメントやベットカットなどの技術の研修(教科書付き)、介護施設での訪問美容現場実習と認定資格取得、WEBサイトでの広告掲載、介護施設営業用のチラシ、2年間のオンラインサロンでの継続サポートなどがついた「訪問美容スタート」をサポートする新しいプランです。

・入会金3万円と月々1万円×2年間の継続加入が基本となります。

・先着40名様に移動式シャンプー台、及び訪問美容用キャリー型ミラーをプレゼントしますので、締め切り前に定員に達する場合もございます。

・シャンプー台などのお渡しは、座学研修実施以降になります。

・理容師または美容師有資格者のみ、入会可能です。サロン単位ではなく、個人単位の入会となりますが、お支払いは法人様でも可能です。

・仮申込書をFAXしてください。弊協会より各サロン様に直接、入会にあたっての正式なご案内を送ります。

 

 

プランに関するQ&A

Q、申し込みに必要な資格はありますか?
A、理容師または、美容師の国家資格が必須となります。初回講習時に免許証コピーをご提出頂きます。

Q、訪問美容の資格は取れますか?
A、2日間の研修終了後、ふくりび認定訪問理美容師2級の認定証を発行します。

Q、研修の内容やカリキュラムはどんな感じですか?
A、ふくりびの「訪問美容スタートブック」「訪問美容アクションブック」を教科書に、
訪問美容に特化したカットやシャンプーの技術や、介護の知識、また訪問美容を始めるための施設への営業活動の指導など、独自カリキュラムに基づき研修を行います。
また、VR(バーチャルリアリティ)で認知症体験をした後、訪問美容の現場での認知症の方への対応の注意点などについても丁寧にサポートしていきます。

Q、研修の講師はどんな人ですか?
A、座学の研修は、理事長赤木と事務局長岩岡が直接指導します。現場実習は、ふくりび認定講師が指導します。

Q、VR認知症体験ってどんな内容ですか?
認知症ではない人が、バーチャルリアリティ(VR)の技術を活用し、認知症の中核症状を体験するものです。認知症を文字で学ぶのではなく、その症状を自分ごととして体験することで訪問理美容の現場で、安全により良い美容サービスを提供できることを目指します。認知症の症状は「物忘れ」だけではありません。様々な症状があることを体験を通じて理解していく内容となっています。

Q、移動式シャンプー台と訪問美容用キャリー型ミラーってどんなものですか?
A、写真別途

Q、毎月研修があるのですか?
A、研修は座学の研修(1日)と介護施設での現場実習(1日)の2日間で、申し込み後ご希望の日程からお選びいただきます。2日間の研修受講後は、各地で行われるネットワーキングの研修、オンラインサロンメンバー限定のオフ会などにもご参加いただき、情報収集や講師への質問などが可能です。(参加自由・飲食費など別途参加費がかかる場合もあります)

Q、オンラインサロンってどんな感じですか?
A、Facebookの非公開のグループページを使って運営しています。入会後グループへの登録の仕方をご案内します。
訪問美容に関して、技術・経営・広報・集客・ブランディング・人材育成・採用など、役立つ情報や事例を定期的に発信していきます。赤木と岩岡が直接メンバーからの質問や悩みに答えたり、メンバー同士の意見交流を行ったりしながら、オンラインサロン内で様々な企画やプロジェクトを立ち上げ、運営もしていきます。

Q、入会金や、毎月の支払いにはどんな手続きが必要ですか?カード払いも可能ですか?
A、入会時に支払い手続きをお願いします。毎月口座から引き落とし、またはクレジットカードからの自動支払いとなります。詳しくは決済代行会社の案内をご覧ください。

Q、2年以内に退会できますか?
A、退会には所定の手続きが必要です。2年以内の退会には違約金がかかります。詳細は契約書をご覧ください。

 

 

 

 

http://www.fukuribi.jp/blog/2019/03/post-340-670881.html

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2020.01.08更新

ヘアドネーション、ちょっと待ってー!!!!

ふくりびでは、
自分の髪や家族の髪、友達の髪で作る
世界にひとつだけのフルオーダーウィッグ
「4YOU WIG」というサービスを提供しています。
昨日も姉妹と友達から髪をもらい、ご自身の髪も混ぜてウィッグを作りたいという患者さんが来てくれました。

「みんなの髪でウィッグを作るのがとても心強い」とおっしゃっていました。

抗がん剤治療の副作用による脱毛や、脱毛症や免疫疾患などにより、ウィッグを必要とされている方が沢山いらっしゃいます。

ヘアドネーションを考えている方は、ご自身や周りの人のために髪を取っておいてください。
現状、子供用ウィッグの寄贈をしている団体はドネーションの髪は余っていると聞いています。

ふくりび4YOU WIGとは、4人分で1つのウイッグを作ることができます。
31センチ以上の髪で、ミディアムレングス(肩くらい)の長さのウイッグができます。
31センチに満たない髪でも前髪に使用するなど部分的に活用できます。

詳細はこちら↓

http://www.fukuribi.jp/blog/2017/12/-youwig-558090.html

#ヘアドネカット
#ヘアドネーション

4YOUウィッグ

 

NPOふくりび052−801−5203

あぴサポあいち0120−352−241

あぴサポTOKYO0120−222−128

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2019.12.25更新

いつもNPO全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)を応援していただき、またサービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。

年末年始

☆.。.:*・年末年始のお休みのお知らせ☆.。.:*・

【訪問理美容】

年末12月30日(月)まで営業
年始1月6日(月)から営業となります。

【アピアランスサポートセンターあいち】

年末12月30日(月)まで営業

年始1月4日(土)から営業となります。
【アピアランスサポートセンターTOKYO】

年末12月25日まで営業

年始1月8日(水)からの営業となります。

緊急のご相談などは、ふくりび本部事務局052-801-5203まで(12月31日15:00まで受付、年始は1月4日9:00より対応)

【事務局】
年末12月31日(火)15:00まで営業
年始1月4日(土)9:00より営業となります。

訪問理美容のご予約や、お問い合わせ等、メールも電話も
1月1日~3日まではご返信できませんので、ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解くださいますようお願いいたします。

【医療用ウィッグ】
店舗、ヤフーショップともに
年末12月31日15:00まで営業
年始1月4日(金)9:00から営業となります。

===========================================================

  ふくりび本部事務局052-801-5203まで(12月31日15:00まで受付、年始は1月4日9:00より対応)

  メールアドレスinfo@fukuribi.jp

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2019.12.13更新

こんにちは。

全国で徐々にがんの治療でウィッグや補正具などの購入費が助成される制度が始まっています。

ウィッグ助成金

ウィッグ助成金

ウィッグ助成金

あぴサポあいち近隣では、
・愛知県名古屋市
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/cmsfiles/contents/0000115/115089/uxigguchirashi.pdf

・岐阜県

https://www.pref.gifu.lg.jp/kodomo/kenko/gan-taisaku/11223/gankanjairyouyouwiggu.html

 

あぴサポTOKYO近隣では、
・東京都港区

https://www.city.minato.tokyo.jp/kenkouzukuri/appearance.html

・東京都千代田区

https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/iryo/documents/furikaeiraisho.pdf

・東京都豊島区

http://www.city.toshima.lg.jp/211/1902131616.html

・神奈川県横浜市

lhttps://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/iryo/gan/taisaku/wigannai.html


上記以外にも助成金制度を受けることの出来る市区町村があります。

住んでいる地域での助成金制度の検索の仕方は、
「〇〇県 ウィッグ 助成金制度」

またふくりびウィッグは全国120件で試着・購入ができます。
お近くのサロンをご紹介しています。
まずは本部でお問い合わせ下さい。

NPOふくりび本部
052−801−5203(月火定休)
info@fukuribi.jp

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2019.12.08更新

こんにちは!

先日ふくりび医療用ウィッグを寄贈して頂きました。
暖かい想いを誰かの笑顔に繋がるよう、ふくりびは“想いを形”にしていきます。
大切なウィッグは本当にありがとうございました。


DIFTウィッグ

 

〜理事長赤木のSNSより〜

 

今日は名古屋で沢山の患者さんを担当しました。
医療用ウィッグも、地毛のメンテナンスも、治療で辛い時も、元気になって笑顔が増えていく時も、ずっとその人たちのそばに、そっと寄り添っていたいなあと思っています。

3年前に乳がんになり、完治したお客様からウィッグを寄贈して頂きました。
困っている方のために使って欲しいと言われました。とても嬉しいギフトです。
想いを繋げて、人から人にこの優しさを繋いでいくために、新しい仕組みを考えていきます。
ありがとうございます。

 

 

 

 

医療用ウィッグ試着・製作は
全国120件のパートナーサロン、
または本部直営のアピアランスサポートセンターあいち・TOKYOへご相談ください!

 


 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2019.12.08更新

こんにちは!
NPOふくりびの渡邊です。

12月8日(日)、八事日赤病院で開催された乳がん患者さんとそのご家族のためのイベントWith You NAGOYAに参加しました☆

ふくりびはウィッグ展示とクイックネイルのお試し体験で参加しました!

会場の受付奥に展示ブースを出展。
ウィッグや抗がん剤による脱毛、爪への副作用などについてご案内させていただきました。

あぴ

 

ネイル体験はやっぱり好評で、爪がツヤツヤきれいになるだけでとても気持ちが上がるとおっしゃっていただけました!

あぴ

ネイル体験に来てくださった患者さまから抗がん剤治療中は爪がもろくなって大変だったという話を伺いました。
ネイルケアや保護や変色カバーもかねたマニキュアなどの案内の大切さも実感しました。

アピアランスサポートセンターでは、ウィッグや髪の毛のことだけでなく、爪や肌、メイクの相談も受付けております。

アピアランスサポートセンターあいちでは10月からフェイシャルエステもスタート!
リラックスしながらお肌のケアもできます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

☆アピアランスサポートセンターあいち
0120−352−241

☆アピアランスサポートセンターTOKYO
0120−222−128

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2019.12.07更新

こんにちは。
ふくりび事務局次長、髙橋沙織です。

11月13日〜11月30日まで内閣府がおこなっている、地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」に参加させて頂きました。
日本の地域の社会課題を解決するためのリーダーを育成するプログラムです。
ヨーロッパの先駆的な事例を学ぶため、
7月から幾度かの事前研修を経て、三分野それぞれに分かれて海外研修に行きました。
・高齢者(オランダ)
・障がい者(イタリア)
・青少年(フィンランド)

私、ふくりびは元々理事長赤木が、外出困難な高齢者の方へ訪問美容を25年続けております。この実績を持って、オランダへ視察へ行ってきました。
9日間のオランダでの視察や研修について、
ブログでご報告してきます。

 オランダ

@日本大使館にて。
日本人の大使とオランダ人の夫人に、
私たちの日本での活動を紹介させて頂きました。


派遣前に私たちは、日本の高齢者福祉について調べ、派遣にあたりテーマを掲げました。
『オランダ王国における多様性に富んだ共生社会のあり方を学んで、地域や人とのつながりの中で高齢者も自己決定ができ、その人らしく暮らせる社会を目指す』

オランダに関して・・・

オランダ
到着し3日間ほどは首都アムステルダム周辺の視察へ。
アムステルダム市には市のマークがあります。
×××(自由・寛容・博愛)この“×××”の旗やモチーフになって至る所にありました。
“バツ”ではなく、キリストの十字架を斜めになっているそうです。

オランダ


オランダは大麻・売春が合法、尊厳死も認められています。
また移民の人種の種類が世界で1番多いそうです。
LGBTQのパートナーシップも世界で初めて法制化しています。

オランダ

「多様性」と「寛容」がオランダに根付いていると感じました。
通訳者の方がとても素敵な言葉をおっしゃっていました。
「人間は弱いところ・恥・欲も人間の一部で、それが当たり前、完全な人間なんていない。それも隠すことなくオープンにしたら、いいじゃない!」

もちろん、オランダでもまだ人種差別や大麻・売春についても賛否はありますが、
島国の日本では、ほとんどが日本人で日本のルールに従えば通じます。
日本の労働人口減少による、人材不足から外国人労働者の課題は今日本でも大きな課題となっていますが、
オランダから固定概念に囚われない「多様性」「寛容さ」を学ぶところがたくさんあると思いました。

 

こちらは、アムステルダムにあるがんセンターです。


オランダ

オランダ

オランダ

オランダ

 


外観からは病院とは思えない、色使い。
中のいわゆる売店もおしゃれでレストランもバーカウンターがあったり、
地域の方も食事に来られている様子で閉鎖的な印象はありません。
入院患者は病院服でも、パジャマでもなく、自分の着たい服を着ていました。


次はオランダの高齢者施設視察先のブログにつづきます・・・
dank je wel!

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ

SEARCH