2017.04.21更新

こんにちは。

4月と言えど日中は日差しが強くなって来ましたね。

これからの季節、ウィッグは紫外線やシャンプーの回数が増える事が原因でカラーの退色、ダメージが目立ってきます。

お家でもトリートメントを念入りにしたり、洗い流さないトリートメントをつけるなどのお手入れをしてみてくださいね。

アピアランスサポートセンターでは、来週28日も専門美容師が対応いたします。

メンテナンスカットやカラーリング、トリートメントなどもご予約承っております。

春夏の暑さ対策をしながら、おしゃれで快適に過ごせるスタイルをご提案させて頂きますnico

またボロングからボブスタイルの方にもお試しいただけるアレンジとしてハーフアップアレンジをお薦めしています。襟もとの風通しもよくなりこれからの季節にもってこいのかわいい春アレンジをお伝えしますflower2

お気軽にご相談ください♪

メンテナンス

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120352241

0527513700

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.03.31更新

こんにちは

桜のつぼみも膨らんできましたね!

昼間は暖かい日も多く、コートを脱いで過ごせるようになりましたstrawberry

ウィッグもフルウィッグからトップピースでショートヘアに移行する手段を選ばれる方もいらっしゃいます。

個人差はありますが、発毛が始まり襟足から後頭部にかけての自毛の長さが2~3㎝くらい生え揃ってきたらトップピースでショートヘアにされることも視野に入れてみても良いかもしれません。

トップピース

トップピース

トップピース

今のフルウィッグの長さからばっさりショートに変化するのはちょっと。。というかたもフルウィッグの長さを少しずつ切り進めたり、自毛の様子と相談しながらトップピースへ切り替えまでの計画を一緒に立てましょう。

今までショートヘアを経験されたことがないという方も、トップピースのご試着だけでも遠慮なく試しにいらしてくださいねnico

脱毛症、円形脱毛症やびまん性脱毛症の方や手術跡のカバーにも、お気軽にご相談くださいませ。

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120-352241

0527513700

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.03.25更新

こんにちは。

先日レンタルウィッグをご利用頂いたお客様

娘さまの卒業式に出席されるため、お手持ちのウィッグはショートヘアーでしたので、ロングウィッグでスーツに似合うアップスタイルにさせて頂きましたni

ご病気で卒業式には出られないかと思ってたけれど、こんなに素敵にしてもらって出席出来るなんてglitterと、喜んで頂けて私も嬉しく思いました。

きっと特別な卒業式になったとおもいます。

本当におめでとうございますflower2

レンタルウィッグレンタルウィッグ

 

ふくりびのレンタルウィッグは

ヘアセットアレンジ込み、2泊3日    13000円+税

にて承ります。

入学,卒業式や、冠婚葬祭などにどうぞお役立てくださいribbon

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120-352241

0527513700

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.03.14更新

こんにちは♪

今日はウィッグの被りかたやスタイリング方法でよくご相談を頂くお悩みから解決方法を少しお伝えしたいと思います。

・前髪(顔まわり)が重い

・横に広がり頭が大きく見える

実はウィッグのお客様からこんなご相談をよく頂きます。

 

原因のひとつとしては、しっかりと被ろうとするあまり、

無意識に前に深く被りぎみになってしまい前髪が重くなってしまいます。

おでこの生え際から指1本分後ろにウィッグがあるようにもう1度確認してみてくださいね。

そして、もうひとつもまたしっかり被ろうとするあまり、上から押さえ過ぎて、トップはペタンコ横にボリュームがでてハチが張った四角い広がったようなかたちになってしまいます。

トップにボリュームを出すことで横広がりのシルエットから縦長のシルエットになります。縦長になることでハチの広がり、角がとれてメリハリのあるスタイルになります。

御自宅でも簡単に使えるこんなマジックカーラーもオススメです、

カーラー

カーラー

こんな風に巻きます、お休み前や朝数分間でも簡単なブロー仕上げができます。根本が潰れないように少し起こして巻いてみてください♪

ショートボブ

 

ショート

脱毛が始まりますと、自毛のボリュームが減るにつれてウィッグの装着感は変化しますので裏地を骨格やスタイルに合わせて縫いつまむサイズの微調整が必要になります。

まずはサイズ調整から、いつでも安心して被れるように調整

は無料で行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120-352241

052-751-3700

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.03.02更新

「子供の卒業式があるけど、そのためだけに新しいウィッグを買うのもなぁ」

「着物を着るからアップにしたいけど、今のウィッグでは長さが足りないから」

 

患者さん達から、この時期ならではのお話を聞くことが多く、せっかくのイベントを自信を持ってかわいいママで楽しんで来てほしい!何か上手にお手伝いできることはないかなぁと考えていました。

 

そこで、、、

 

レンタルウィッグを始めることにしましたflower2flower2

 

3泊4日レンタルウィッグ、スタイルセット込みで¥13,000+税です。

(ふくりびウィッグをお持ちの方は割引させていただきます。詳しくはお問い合わせくださいね)

 

 

可愛いコサージュも用意しましたので、是非ご相談ください。

子供達の大切な門出の日を素敵な思い出にできるようにサポートしますglitterglittercrownglitterglitter

 

医療用ウィッグ アレンジ 卒園式 卒業式 入学式

医療用ウィッグ アレンジ セット

医療用ウィッグ 着物 アップ

 

下の二枚はセミロングのウィッグのアップスタイルです。

今お使いのウィッグのセットも可能です。

置物に合わせたスタイルもご提案できますよ。

 

コサージュ 医療用ウィッグ

コサージュはこんな感じflower

 

お気軽にお問い合わせくださいね

 あぴサポあいち 0120-352241

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.02.21更新

こんにちは

 

2月23日(木)13時30分〜

あぴ会「ヘアメイク&写真撮影」実施しますflower2

 

前回の写真を見た患者さん達からご参加の希望が多く寄せられまして、たくさんのご予約を頂戴しております。

 

今回も素敵な写真が撮れるだろうと、とっても楽しみにしています。

また出来上がったら・・・

 

 

今日は名古屋大学医学部附属病院内で「頭皮ケア相談会」を実施してきました。

病院内でいろんなウィッグを試着できる環境があるのはとてもいいな、と思っています。

 

ウィッグ販売店では、その店での取り扱いのあるウィッグしか置いてないことが多いですし、そもそも販売店なので、たとえ「試着無料」「ご試着のみもOK」「お気軽にご試着ください」となっていても(もちろんふくりびも試着のみ、歓迎ですが)そのお店に行くこと、というのはハードルが上がってしまうし、安いものではないので試着したら買わないと帰れないみたいなことにならないか、不安になるんではないかな、と思います。

 

試着に行く時は、できるだけ誰かと一緒に行きましょう。

できれば、おかしい時ははっきりおかしいと言ってくれるような人で、自分の意見を代わりに伝えてくれるような人が適任です。

自分が断るのが苦手、と思っているならば、さらにそういう人と一緒に行きましょう。

 

 

病院内で気軽に、いろんなメーカーのいろんなものを試着して見て、似合うものを探してみる、のもいいですね。

 

 

通院中の病院にそういう場所がない場合も、近くのがん診療拠点病院等に市民に開かれたそういう施設がある可能性があります。

看護師さんやソーシャルワーカーさんなどに相談して見てくださいね。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.02.02更新

ウィッグ

こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、もう春も間近です!

これから卒業、入学シーズンでなにかと行事が増える季節になります。

ウィッグのメンテナンスやアレンジでウィッグも一新しませんか?

最近はウィッグのメンテナンスに見える方も多く、ウィッグの状態など拝見しますと、カラーが退色してきたり、毛先がパサついてきていてまとまりが悪くなってきたりなど、どうしても3ヶ月位を過ぎますとカラーやトリートメントのメンテナンスが必要になってきます。

ご自宅でのお手入れの仕方やアレンジ方法などもだんだんと自己流になってきて、ウィッグが100%の状態を発揮できていない場合もあります。

・乾かす時に、ここの毛はどっちに流して乾かせばよいの?

→前髪や分け目の所などどっちつかずな毛が出て来ると悩みますよね。

・分け目を変えて気分を変えたいけれどこれで大丈夫?

→ふくりびの医療用ウィッグは人工皮膚が広く作ってあるので、好きな場所で分け目を変えて雰囲気を変えれます、分かれぐせがついてしまっていたりするので、乾かし方などのご説明もいたします。

・脱毛が始まってウィッグのフィット感が変化してきたが調節の仕方がわからない

→アジャスターの位置を変えるのか、裏地を縫いつまんで調節した方がよい場合もあるので気軽にご相談ください。

どんなお悩みでも、ご相談くださいね☆

 

毎週金曜はアピアランスサポートセンターあいちにて

美容師の川端がご対応させて頂いております♪

ご自宅でのお手入れ方法や、ふだんご自分ではなかなかできないアイロンなどを使ったアレンジなどもお伝えします。

他社の医療用ウィッグをお持ちの方でも大丈夫です、ご来店お待ちしています。

 

愛知県がんセンターから徒歩1分

アピアランスサポートセンターあいち

0120-352241

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.02.02更新

ウィッグ

こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、もう春も間近です!

これから卒業、入学シーズンでなにかと行事が増える季節になります。

ウィッグのメンテナンスやアレンジでウィッグも一新しませんか?

最近はウィッグのメンテナンスに見える方も多く、ウィッグの状態など拝見しますと、カラーが退色してきたり、毛先がパサついてきていてまとまりが悪くなってきたりなど、どうしても3ヶ月位を過ぎますとカラーやトリートメントのメンテナンスが必要になってきます。

ご自宅でのお手入れの仕方やアレンジ方法などもだんだんと自己流になってきて、ウィッグが100%の状態を発揮できていない場合もあります。

・乾かす時に、ここの毛はどっちに流して乾かせばよいの?

→前髪や分け目の所などどっちつかずな毛が出て来ると悩みますよね。

・分け目を変えて気分を変えたいけれどこれで大丈夫?

→ふくりびの医療用ウィッグは人工皮膚が広く作ってあるので、好きな場所で分け目を変えて雰囲気を変えれます、分かれぐせがついてしまっていたりするので、乾かし方などのご説明もいたします。

・脱毛が始まってウィッグのフィット感が変化してきたが調節の仕方がわからない

→アジャスターの位置を変えるのか、裏地を縫いつまんで調節した方がよい場合もあるので気軽にご相談ください。

どんなお悩みでも、ご相談くださいね☆

 

毎週金曜はアピアランスサポートセンターあいちにて

美容師の川端がご対応させて頂いております♪

ご自宅でのお手入れ方法や、ふだんご自分ではなかなかできないアイロンなどを使ったアレンジなどもお伝えします。

他社の医療用ウィッグをお持ちの方でも大丈夫です、ご来店お待ちしています。

 

愛知県がんセンターから徒歩1分

アピアランスサポートセンターあいち

0120-352241

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.01.20更新

 


こんにちは。私たちは愛知学院大学 経営学部 経営学科の学生です。

 

ふくりびの事務局長である岩岡ひとみさんに講師として来て頂き、今回授業の一環として患者同士の交流の場(イベント)について発信していくプロジェクトをすすめており、実際にくまの間さんにインタビューに行ってきました。


11月23日(祝・日) くまの間(おしゃべり会)    

 

 ――おしゃべり会――


初めに「くまの間」の活動について紹介したいと思います。くまの間とは、若年でがんを経験されたサバイバーの方、サバイバーの方を支えているケアキバーの方を対象とした会です。主催者の加藤那津さんは男女問わず、がん種を問わず集まっておしゃべりしたり、一緒に何かに熱中したりしてほっとした時間を共にする場を持ちたいと思い、お茶の間のようなあたたかくてほっこりできる場を目指しています。月に一回程度開催されていて、1日の流れとしては、ワークショップの体験、ランチ会、おしゃべり会といった流れになっています。また、仕事をしていて参加することが難しいといった方々のために、夕方おしゃべり会といった仕事後でも参加ができるような会も開催されています。

 

 この日は、名古屋市芸術創造センターで開催されました。机を囲む感じで座り飲み物やお菓子が用意してあり、1人ずつ自己紹介をし(参加した理由など)その後は、内容問わず自由にお菓子や飲み物を飲みながら会話をしました。

 

  病気のことなどの話が多いのかと考えていましたが、本当に自由なおしゃべりで、仕事の相談や、病後の生活、息子さんの話、趣味のこと、学校の話など幅広くいろんな話をしていました。趣味の話、学業の話では盛り上がり、相談では、聞くだけで終わりではなく、悩みを共有し、全員で悩み解決に向けての話し合いをしていました。また、全員が話せるように自然に話を振ってくれるので、自分から話すのが苦手な人も退屈することなく、参加者全員が楽しく会話できていました。


                   くまの間

 

 会の後には、アンケートに回答をしました。(次回行ってほしいことや希望の開催時間など)この会に参加することで新たに人との繋がりができるところも会のメリットだと感じました。病後、人とのコミュニケーションが苦手になったという悩みを持つ方でも、気軽に会話を楽しめる会だと思います。


 今回参加をしてみて、もちろん病気の話などもありましたが、それ以上に世間話や日常生活、家族などのお話しが多くて参加者全員が楽しく会話することが出来ました。くまの間さんは本当にゆったりとした空間で、病後の悩みを誰かに聞いてほしいという人や、コミュニケーションをとりたいといった人には是非参加してみてほしい集いの場です。


 

―― くまの間主催者 加藤那津さんインタビュー ――


 くまの間主催者である加藤那津さんに、会終了後お時間をいただき、いくつかインタビューに答えていただきました。

                  くまの間


Qくまの間のHPに載せている加藤さんが癌になってから実際に始めた趣味とは、どういったものですか?


 「具体的に言うとランニングと山登りです。どちらも病気になってから始めました。元々父親は、私が子供の頃からやっていたんですけど、その影響で逆にやりたくないという気持ちがあり、「あーだこうだ」言われるかと思ってずっとやらないできて、でも病気になって癌になってからマラソンを始めて元気に暮らしてしている人を知ったので、私もやってみようかなって。絶対マラソンも登山もやらないと思っていたんですがやってみたら結構はまって、病気の繋がりだけじゃなくて、そうゆう趣味の繋がりでも、知り合えたりできるので病気で知り合ったけど、違う友達に発展していくのもいいですね。」


Qおしゃべり会ではいつもどんな会話が多いですか?

 「集まったメンバーによって、内容が結構変わりますが、病気のこの薬がどうとかそういうのは患者同士では、取り扱いが難しいので、ウィッグをいつ脱いだらいいのかとか、主治医の先生とのコミュニケーションでの悩みとかの話がでたりします。揃ったメンバーによって違ったり、例えばお子さんがいる人が多かったらお子さんとどうやって接しているとかそういう話になる時もあるし、独身の人が多ければこれからどうやって生きていくかみたいな話にもなります。」


Qくまの間さんのメインテーマや、こういう場にしたいなどありますか?

 若年の患者会だと、例えばこれから妊娠できるかどうかとか、仕事の話とかなにかそういうのを軸にもってやっているとこもあるんですけど、ここは(くまの間)本当に集まれる場がなかったので、まずそういう場を作って、やっぱり若年といって年齢をしぼっても家庭なりその置かれている環境とか病気とかも違うのでそういう会はまた別にあるから、そういうのに興味があれば例えば紹介はするんですけど、ここは集まれる場を作りたいっていうのでやっています。

 

Qくまの間さんをやろうと思ったきっかけは?

 「最初に自分自身が乳がんの患者会に行ったのですが、その時に自分の親とか、それ以上年配の人とかばかりで、年齢層が高くて…。なんかこう、行って誰かいるからってほっとしたっていうよりは、逆にここにも居場所がないんだなって感じて孤独になっちゃって、もう行くのやめようってなっていかなくなって、でも最初に行ってから一年後くらいでアウトレットっという会に出会って、そこではそんなに定期的に集まりをやっていないのでやっぱり定期的に集まれるところをやりたくて、というのも、やっぱり今月いけなくても来月あれば来月いけるかも。っていう人もいるし一年前にみつけてたけどなかなかこれなかったっていう人とかもいるので毎月やり続けていくことが大切かなと思って。色んな患者会は名古屋でもあるんですけど毎月やっているところは限られていて、あとは女性だけしかだめとか、癌種を区切ってやっているとことかあるので、うちは間口を広めにとって色んな人に来てもらいたいなと思っています。


―― まとめ ――


 今回、大学の授業の一環として私たちは癌患者同士の交流の場(イベント)について発信していきたいと思い取材をさせていただきました。今回はおしゃべり会だけの参加となってしまいましたが、参加に至るまでに抱いていた見えない壁が大学生である私たちを主催者の那津さん、参加されていた皆さんが温かく受け入れ、話の輪に参加させてくださり壁がなくなりました。


今回授業の一環としてがん患者さんと実際お話をする機会を得なければ、このようにがん患者さんとお話する機会や、このような会があることを知りませんでした。今日参加されていた皆さんのように自分の殻に閉じこまず一歩踏み出し、イベントや患者会に参加することで繋がる世界は広がることを改めて感じました。

 くまの間はゆったりとしたリラックスのできるようなとても明るい会で私たちまで一緒に楽しく会話できるくらいのカジュアルな雰囲気で、相談にもしっかりと具体的なアドバイスなどをしていて、またこの会を通じて仲良くなったりする人もいて、人と人との繋がりの大切さを改めて感じました。また担当医師や看護師に言えない悩みや本心を言いやすい場で、誰かと気持ちを分かち合いたい人に適している会だと思いました。

「病後、人とのコミュニケーションがなくなった」「病後、生活の悩みなどを相談したい」「以前から知っているけど参加する勇気がない」といったような方、是非一度参加してみてください。普段の生活とは別の特別な時間を過ごすことができると思います。

 

那津さんとても貴重な時間を有難うございました。

 

               くまの間


 


                                   2016年11月23日 

                                   愛知学院大学 経営学部取材班 田中みき 黒川尚哉 藤川泰行


 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.01.16更新

試着会

毎月行われているウィッグの試着、ご相談会のご案内♪

 

☆毎月第1、3火曜日、11時~13時

名古屋大学附属病院  2Fなでぃっくにて。

 

☆毎月第1火曜日、11時~13時

藤田衛生大学病院  2Fオレンジコーナーにて。

 

ウィッグの試着、眉やまつげ、毛髪のご相談など、

アピアランスについて悩みがあればお気軽にお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

アピアランスサポートセンターあいちでは、就労支援・がん患者のための、ネイルスクールを開講します。

ご興味のあるかたはお問い合わせください。

http://www.fukuribi.jp/blog/2016/12/post-160-390451.html

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ