2016.08.24更新

中日新聞ふくりび

8月23日中日新聞朝刊の医療ページに、4分の1サイズで大きく取り上げていただきました!!

沢山の患者さんに情報が届き、悩みにお応えできれば嬉しいです。

 

中日新聞記事は下記中日メディカルサイトにも掲載中です。
昨日は、遠くは石川県からも問い合わせの電話を頂きました。

ウィッグ・眉毛・暑さ対策、爪の変色・トップピースのご相談など相談内容も様々でしたが、看護師や美容師・ネイリストそれぞれの専門分野で手分けして、

全てに対応をさせていただきました!!


アピアランスサポートセンターあいちでは、患者さんのアピアランス(外見)に関する悩みをサポートしています。
他社ウィッグのお手入れの相談も受け付けています。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20160823142133189

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.13更新

人毛100%6万円のふくりびウィッグを取り扱うパートナーサロンになりませんか?

全国の美容室がどんどん仲間に加わってくれています。

美容室ウィッグ

医療用ウィッグはNPOふくりび

ふくりびのパートナーサロン(美容室)は、現在全国に90サロン!!

【パートナーサロン向け講習開催日程】

医療用ウィッグの販売に際しての技術・カウンセリング・マーケティング・営業まで全てを伝授。

患者さんが最寄りの美容室で、当たり前に医療用ウィッグの相談や制作ができ、

闘病中のアピアランス(外見)の悩みを気軽に相談できる状態を作るために、全国の美容室と連携を進めています。

 

8月22日(月)名古屋 満席:お申し込み終了致しました

9月12日(月)名古屋

10月31日(月)東京

※多店舗で導入されるご予定のサロンさんには臨店講習も行っておりますので、ご相談ください。

 

美容室で作る医療用ウィッグ業界で、提携美容室数全国NO.1!!
人毛100%だからパーマ・カラーもできる!美容室ならではの医療用ウィッグ販売をサポート!

ふくりび医療用ウィッグパートナーサロンのメリット
①看護婦による相談窓口
看護婦が電話やメールでお客様やサロンスタッフの不安をサポートします。
病気や抗がん剤の知識が身に付きます。

アピアランスサポートについての最新情報を提供します。

②病院からサロンへ
病院配布のパンフレットにあなたのサロン情報を掲載します。
病院でウィッグのことを知った周辺地域のお客様からサロンへお問い合わせを促します。

③インターネット検索の強化
医療用ウィッグWEBサイトにあなたのサロン情報を掲載します。インターネット検索が強化されお客様がサロンを見つけやすくなります。

NPOふくりびでは、2010年より、高品質低価格の医療用ウィッグの販売を
行って参りました。「かつら専門店ではなく、いつもの美容室で医療用ウィッグを購入したい」との
お客様のニーズに応えるべく、美容室で販売しやすい「ふくりびウィッグ」を開発致しました。
年間45.7万人(「JMDCレセプトデータベース」に基づく推計)とも言われる抗がん剤投与者をサポートするべく、ふくりび医療用ウィッグをお取り扱い頂く美容室を 募集します。
技術・販売方法などについての特別講習会をご受講下さい。

 

パートナーサロンに関して詳しくはこちら


医療用ウィッグの導入についてのお問い合わせは、下記まで
NPO法人全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)
TEL&FAX 052-801-5203
メール info@fukuribi.jp
WEBサイトhttp://www.fukuribi.jp/

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.13更新

人毛100%6万円のふくりびウィッグを取り扱うパートナーサロンになりませんか?

全国の美容室がどんどん仲間に加わってくれています。

美容室ウィッグ

医療用ウィッグはNPOふくりび

ふくりびのパートナーサロン(美容室)は、現在全国に90サロン!!

【パートナーサロン向け講習開催日程】

医療用ウィッグの販売に際しての技術・カウンセリング・マーケティング・営業まで全てを伝授。

患者さんが最寄りの美容室で、当たり前に医療用ウィッグの相談や制作ができ、

闘病中のアピアランス(外見)の悩みを気軽に相談できる状態を作るために、全国の美容室と連携を進めています。

 

8月22日(月)名古屋 満席:お申し込み終了致しました

9月12日(月)名古屋

10月31日(月)東京

※多店舗で導入されるご予定のサロンさんには臨店講習も行っておりますので、ご相談ください。

 

美容室で作る医療用ウィッグ業界で、提携美容室数全国NO.1!!
人毛100%だからパーマ・カラーもできる!美容室ならではの医療用ウィッグ販売をサポート!

ふくりび医療用ウィッグパートナーサロンのメリット
①看護婦による相談窓口
看護婦が電話やメールでお客様やサロンスタッフの不安をサポートします。
病気や抗がん剤の知識が身に付きます。

アピアランスサポートについての最新情報を提供します。

②病院からサロンへ
病院配布のパンフレットにあなたのサロン情報を掲載します。
病院でウィッグのことを知った周辺地域のお客様からサロンへお問い合わせを促します。

③インターネット検索の強化
医療用ウィッグWEBサイトにあなたのサロン情報を掲載します。インターネット検索が強化されお客様がサロンを見つけやすくなります。

NPOふくりびでは、2010年より、高品質低価格の医療用ウィッグの販売を
行って参りました。「かつら専門店ではなく、いつもの美容室で医療用ウィッグを購入したい」との
お客様のニーズに応えるべく、美容室で販売しやすい「ふくりびウィッグ」を開発致しました。
年間45.7万人(「JMDCレセプトデータベース」に基づく推計)とも言われる抗がん剤投与者をサポートするべく、ふくりび医療用ウィッグをお取り扱い頂く美容室を 募集します。
技術・販売方法などについての特別講習会をご受講下さい。

 

パートナーサロンに関して詳しくはこちら


医療用ウィッグの導入についてのお問い合わせは、下記まで
NPO法人全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)
TEL&FAX 052-801-5203
メール info@fukuribi.jp
WEBサイトhttp://www.fukuribi.jp/

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.06更新

 

ふくりびウィッグのオーダーから作成行程、出来上がりまでをご紹介します。

今回はオーダーから自毛カットまで。

 

1、まず来店していただき、ふくりびウィッグの特徴やヘアスタイルの相談をします。この時に自毛もカットするかも決めます。

【ふくりびウィッグの特徴】

①人毛100%でパーマ、カラー、ヘアイロン使用可能

②裏地に付いてる人工皮膚が広くどこでも分け目をつくれる

③職人による手作業で髪の毛1本1本、総手植え

④伸縮性の高い布地でインナーネット不要

⑤アジャスター付きで脱毛前後の微調整でウィット感あり

 

そして、

まだ脱毛していない場合、ウィッグのフィット感をあげるため、

脱毛したときの絡まりや掃除をしやすくすために

ショートスタイルをおすすめしています。

※注意

ご自分でバリカンを使い坊主にされる方もいますが、

おすすめはできません。数ミリの髪の毛が脱毛してしまうと服や枕につきチクチクしますし、そうじも大変になります。

ふくりびがおすすめしているのは、ベリーショート。

男性のようなショートではなく女性らしいショートです。

自毛①

ウィッグ

ウィッグ

自毛②

ウィッグ

自毛③

ウィッグ

ウィッグ

 

次回は実際に被ってウィッグのカットしていく行程をご紹介します。

 

愛知がんセンターから徒歩1分

アピアランスサポートセンターあいち

0120-35-2241

 

ふくりび本部事務局

052-801-5203

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.06更新

名古屋は猛烈に暑い日が続いていますが、夏バテしないように食べまくっているせいか、元気です。

医療用ウィッグ50代

お盆の営業日についてですが、事務局は15日・16日は月・火曜で通常のお休みをいただきますが、それ以外は営業しています。

医療用ウィッグのお問い合わせやご相談も受け付けています。

お盆休みの帰省前にウィッグを作りたい。お盆休みにウィッグのメンテナンスをしたい、などというご要望があれば、

早めにふくりび事務局までお問い合わせください。052-801-5203

人毛100%医療用ウィッグ本体6万円、パーマやカラーも自由自在

http://www.fukuribi.jp/medical/#a02

愛知県がんセンター中央病院徒歩1分のアピアランスサポートセンターあいちは、14日・15日(日・月曜)はお休みをいただきます。

 

全国のパートナーサロンさんはそれぞれお休みの日程が異なりますので、ご了承くださいませ。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.04更新

 

抗がん剤治療中のウィッグを被る期間は

1年半~2年です。

ふくりびでは1つのウィッグでその間被っていただけるように

耐久性にもこだわって作っています。

 

ウィッグそのものの耐久性はご安心していただき、

あとはヘアスタイル。

初めてウィッグを被る際に作るスタイルは少し長めにします。

 

ウィッグは2、3か月に1度ほどメンテナンスカットでダメージした毛先をカットし、

綺麗な状態で被っていただけます。

そして自毛が伸びてくる時期に合わせてウィッグもショートにしておくと抗がん剤が終わり自毛が伸びてきたときに

出来るだけ早くウィッグをはずせますよね。

 

こちらのお客様もはじめのウィッグのヘアスタイルはボブにしていました。

 

ウィッグ

そして今回メンテナンスでご来店頂き長めのショートに。

ウィッグ

ウィッグ

 

そして次回はもう少し短いショートをおすすめしました。

そうすることで、1つのウィッグでいろんなスタイルも楽しめ、

早くウィッグを、はずせます。

 

もちろん、トップピースでもっと早くフルウィッグをはずされるかたもいます。

メンテナンスカットもぜひご相談下さい。

===================#*==============*===========#===

 

愛知がんセンター徒歩1分

アピアランスサポートセンターあいち

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.08.03更新

こんにちは。

アピアランスサポートセンターの栗原です。

あぴ会

 

 

 

第二回のアピアランスの悩みに役立つレッスン「あぴ会」の開催が近づいてきました!

今回のレッスン内容は、ウィッグの暑さ対策です。

他社のウィッグを使用されている方も大歓迎です。

 

 

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

 

≪第2回-詳細≫
≪ウィッグの暑さ対策-他社ウィッグもOK≫
【開催日時】2016年8月9日(火) 13:30-14:30
【内容】ウィッグのお手入れ・暑さ対策用インナーキャップ作り
【おみやげ】自作インナーキャップ
【申込期限】2016年8月6日
【講師】あぴサポスタッフ

 

アピアランスの悩みに役立つレッスン「あぴ会」とは、

ウィッグ・メイク・ネイル・アロマなど、

お茶を飲みながら楽しくアピアランスの悩みに役立つ講座を開催します。

参加費無料!一回のみの参加もOK
各回の詳しい内容は下記をご覧下さい。

中々、周りの人に相談しづらいアピアランス(外見)の悩みを
女性同士で楽しく分かち合い、向き合いましょう!

特設ページはコチラ

 

 

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------
ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対しての
サポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)
-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会