2017.07.28更新

ふくりび看護師河合です!!

昨日は、福井県立病院のがんサロンの講師としてお呼びいただき、行ってまいりました。

医療用ウィッグ 福井
福井県にはがんセンターがないとのことだったので、県立病院の果たす役割もまた、大きなものなのだろうと想像します。ん対策基本法などによって、がん治療に関する対策は多く取られていて、国内のどの地域に住んでいても標準的な治療が受けられるように整備されてきています。
とはいえ、やはり地域差はあって選択肢の数が違うとは思います。
多ければいい、という問題でもないのでそこそこで納得する治療が受けられるように、と思っています。

最近はインターネット上での交流も盛んになり、オンラインの患者会のようなものも多く存在していますので、どこにいても悩みを共有できる仲間がいたり、相談できる相手がいる、という環境で療養生活を送ることができるようになってきているなと感じます。

実際外にでて誰かに会うのは抵抗がある方や、そのように感じる時期もあると思いますので色々な方法があるのはとってもいいことだと思います。
(ひと昔前までは、顔を合わさずに交流することってなかなか叶わなかったと思います。電話相談くらいだったのでは?と思うと本当に環境がかわったんだなと実感します)


そんな中でも、実際に誰かと会って、直接何かの説明を受けたり、体験談や悩みを話したりすることから得られるものもやはり多いなと感じます。

ちょっと話がそれましたが、昨日もそんなことを強く感じた日でした。

「治療中のメイクについて」ということで、アピアランスサポートについてのお話や、治療中のメイクのコツ、眉毛などのアイメイクについて実践を交えながら会を進めていきました。

福井県立病院のがんサロンには男性の参加も多いそうで、今回は内容がメイクだったので3名の参加でしたが、ご参加のみなさん、相談支援員さんのおかげでとっても楽しい時間が過ごせました。皆さんありがとうございましたー!

医療用ウィッグ ふくりび

写真左の患者さんにモデルになってもらいました!ありがとうございました。
皆さんとっても明るく楽しく、美しかったです。たくさん笑いました。


メイクについては、人によってもともと持っている興味が全く違うんだと感じることがあります。
もともとメイクが好きな人は、治療中でも元来持っている技術で十分対応できます。自分で色々と工夫もしていらっしゃいます。
「好きこそものの上手なれ」と言いますが、まさしく。
(上手だったから好きになったという説もある)


もともとあまりお化粧しなかった、つけまつげなんてしたことない!という人ももちろんいらっしゃいます。
で、ここで少し注意が必要なのは、
「してこなかった=あんまり興味がない、好きじゃない」
という可能性もあるということ。

私たちが目指しているアピアランスサポートは「誰もがその人らしく美しく」です。

 

重要なのは「その人らしさ」。
外見に対して、皆が同じように感じるわけではない。
その人が、自分らしく振る舞えるようにサポートが必要ならばしっかりと。
そんなに必要ないのかも、と思った時はその考え方もありです、問題なし、
とお伝えすることにしています。

ふくりび医療用ウィッグ

だからみんながウィッグをして、つけまつげをつけて、バッチリメイクをしなくてはいけないわけではない、のです。改めていうことでもないけれど。

治療で頑張ってる私を大切に。
どんな感情も「あり」です。

 

でも、困ったー、初めてでできない!という方はご相談くださいね。

来月は三重県の病院にお邪魔する予定です!

ご依頼やご相談は、052-801-5203【ふくりび事務局】まで

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.07.12更新

こんにちは。

先週の七夕の日のあぴ会

“ゆかたを着て夏のウィッグアレンジ”

http://www.fukuribi.jp/blog/2017/07/7-484460.html

ご参加頂いた皆様のご協力のおかげでとても素敵な時間が過ごせました。

当日私はウィッグのアレンジを担当し、ご自分でできる簡単で涼しいアレンジをレクチャーさせていただきました。

お客様から伺ったお悩みについて一部まとめてみました。

Q.アップスタイルにしてみたいけれど襟足が見えてウィッグとばれてしまいそうで心配です。

A.ふくりびのウィッグは襟足にも沢山の後れ毛(短い毛)を作ってありますので、比較的自然な襟足を再現してあります。ですが、あまり高い位置でのお団子やポニーテールはお奨めできません。低い位置でのアップスタイルが可能です。

 

アップ

写真のようなアップスタイルはミディアム~ロングまでひとつ結びが出来る長さがあれば簡単にできるまとめ髪です。

ゴム一本、アメピン、Uピンが数本あればできるスタイルで、

ウィッグの境目もカバーできる、今回のあぴ会でもお奨めしているアレンジのひとつです。

毛先の長さによってねじって止める、三つ編みにしてまとめたり、逆毛を立ててUピンで止めるなどしてイメージは変わります。

Q.顔周りが暑くハーフアップにしたいけれど、分け目から裏地が見えてしまうのが気になります。

A. ハーフアップ等で髪を上下に分けたりしたいとき、分け目の角度を意識してみてください。

たとえば、両サイド耳上から後頭部へ向かって分け目を取る場合、スタート位置から平行よりやや上へ向かって後ろへ取り、後ろから見たときに山型三角に髪を分け、緩めに髪を結ぶ事で分け目の上に髪が被さり裏地が見えなくなります。

または分け目をコームでギザギザに取り、境目をぼかすようにするなどして工夫してみてくださいね。

 

今回のあぴ会にも、他社のウィッグで裏地の状態も様々でしたり、長さも様々な方にご参加くださしました、短くてもできるアレンジはございます、ウィッグ、スタイルに応じて対応させていただきます。

今回参加出来なかった方もいつでもご相談にいらしてください(*^-^*)

 

7月27日は愛知医科大学での患者様のおしゃべり会にお招き頂いております。

そちらではふくりび美容師が抗がん剤の副作用による脱毛どお悩みの患者様へ、眉毛睫毛がの書き方などをお伝えしに伺います。ぜひ、こちらにもご参加くださいませ*

http://www.fukuribi.jp/blog/2017/06/post-221-476959.html

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120352241

0527513700

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.07.12更新

【拡散希望】

NPOふくりび×愛知学院大学
親が闘病中のこどものための夏休みセミナー「なつスタ」参加者募集開始!
8月2日(水)・10日(木)・23日(水)の3日間で開催:参加費無料

がん患者 こどもサポート

愛知県を中心として福祉理美容活動を続けているNPO全国福祉理美容師養成協会・ふくりび(愛知県日進市・理事長赤木勝幸)は、

8月2日(水)・10日(木)・23日(水)の夏休み中の3日間、親が闘病中のこどものための夏休み居場所事業を実施する。

国立がん研究センターの推計によると、現在、18歳未満の子どもを持つがん患者は全国で年間5万6143人、

親ががんと診断された子供の平均年齢は11.2歳、

自分の病状以上に、子どもの生活や将来を心配する声が多い。

親が闘病中のこどもは生活面でも学業面でも、我慢をする場面が多く、特に夏休みなどの大型連休に際して、通院中の親と離れて過ごす一人の時間が多くなったり、

親の体調不良から外で遊ぶ機会が減ったりしていると考えられる。

なつスタ 愛知学院

そこでふくりびは、そんなこども達に居場所や相談場所を作ることで、夏休み中の子育て世代の闘病患者の心理負担を減らしたいと考え、

愛知学院大学経営学部の学生とともに授業の一環として4月から準備を進めてきた、子どもたちに、より充実した夏休みをすごしてもらう内容としては、

看護師のサポートのもと、大学生とともに自由研究や読書感想文といった夏休み特有の宿題に取り組んだり、外の公園に出てスポーツや虫取りを行う。

お昼も無料で提供され大学生や同じ参加者と一緒に楽しく食べることができる。

なつスタ 愛知学院

そういった大学生と過ごした時間自体が夏休みの貴重な体験・思い出となり、記録だけでなくこども達の記憶にものこる。

本来、夏休みは自由な時間が多く楽しいものである。そんな当たり前なことを当たり前のように患者のこども達にも味わって欲しい。

参加申し込み締切は7月28日、FAXにて申込可能、参加無料

申し込み がん患者

 

参加にあたり、レクリエーション賠償保険への加入手続きをいたします

お昼ご飯は、お弁当を予定しております、アレルギー等ある場合は弁当持参でお願いいたします。

参加希望者多数の場合は、選考により参加者を決定し、通知致します。

希望日全日ご参加いただけない場合もございます。ご了承ください。

=========NPO全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)とは=============
 「誰もがその人らしく美しく過ごすことができる社会の実現」

を目指す医療・介護・理美容・ファッションなどの専門家による「得意を生かして、好きな事で社会貢献」をテーマにした多職種協働のプロフェッショナル型NPOです。

任意団体時から22年に亘り、高齢者・障害者・闘病中患者のための介護施設や病院、居宅への訪問理美容サービスの提供、訪問理美容師の養成、医療用ウィッグの製造販売、障害者就労支援「身だしなみ」講座の開催などを行う。詳細はこちら: http://fukuribi.jp/ 

052-801-5203

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.07.08更新

こんにちはflower2

 

昨日は七夕開催のあぴ会「ウィッグのアレンジで浴衣も着ようnote」でした。

 

名古屋は綺麗に晴れて暑い日でしたが、九州や山陰地方は警戒が必要な程の雨で多くの被害が出ていたとのこと。

病気以外にも、災害などが起こる可能性もあり、そう考えると「5年生存率」とか「予後予測」とかって、その病気によってのことしか考えてないわけで。明日何が起こるかわからない毎日の中で、そんなの誰にもわからないわねーと思うこともあります。

もちろん治療効果の有用性の判定や、治療の妥当性や、そんなことを考える時に「奏効率」や「無再発生存期間」などを比較することもとてもとても重要なのですが・・・ね。

 

最近よく言われていることはどんどん高額な治療が増えてきており、治療中に破産する人(日本では破産とまではいかないけれど、それに近い状態になる人も)がいるという話。

生存期間を3ヶ月延長するくらいの効果が期待できる治療がいくらならやろうと思えるか。

同じ3ヶ月でも、例えば孫が生まれるまでの3ヶ月だったら、その人にとっては大きな意味を持つでしょうし、

遺されたものに金銭的な負担を残すことになるという状況であれば、選ばないかもしれない。

 

治療の選択はとても難しいものになってきていると感じます。

大きなところは「自分ができるだけ納得して生きられるか」なのかもしれません。

口で言うほど簡単なことではないかなと思いますが。

 

七夕 願い 患者

(今回来られなかった患者さんに対する願いstar 楽しい毎日を、過ごしてね。また会いたいですrabbit

 

 

さて昨日のあぴ会ですが、浴衣を着付けはいつもあぴ会に参加してくださっている患者さんにお願いしましたglitterglitter

私の思いつきから、浴衣も一緒にやりたいと思ってとご依頼したところ、快くご協力いただきましたnico

ありがとうございました!!!

浴衣 抗がん剤治療中 脱毛 ウィッグ

身体への負担も考えて着付けてくれる、同病者の配慮はありがたいものだと感じます。

今回は都合上ほんの数十分の着用だったので問題ないと考えますが、治療の経過の中で創部やリンパ浮腫などの問題で注意するべきことがないか、確認しておくと安心して浴衣や着物を着ることができると思います。

季節の行事などに参加することは「豊かに生きる」ことにつながるように思います。

それをなすために、少しのサポートや勇気、アドバイスが必要なこともあると思いますが、やってみると充実感が残ります。

なにかやりたいことがあれば、誰かに言ってみると案外すんなりと成せることもあります。相談先の一つとしてあぴサポも入れておいてくださいね。

 

 

がん 願い事

七夕だったので、みなさんにも短冊をstarstar

 

 

医療用ウィッグ 暑さ アップ

 

暑いこの時期、ウィッグの首回りの毛をうまくまとめる方法や、少しでも涼しげに見えるアレンジなどをふくりび美容師が個々にレクチャー。長さが違ったり、扱いの注意が違ったりするので、個人レッスンがあると役立つように思っています。

 

 

 

 

お越しいただいた皆さん、ありがとうございましたflower

来月以降の予定はまだ未定です、ごめんなさい。

決まり次第、ブログにもUPしていこうと思いますのでよろしくお願いしますni

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.07.04更新

試着会

毎月第1火曜日に藤田保健衛生大学病院にてウィッグのご試着、相談会をさせて頂いております。

今月より第3月曜日にも相談会にお伺いさせて頂くことになり、月2回、ふくりびの美容師が院内相談会をします。

時間はどちらも11時~13時。2階オレンジコーナーにて受付、

外来化学治療センター内でご相談会をさせて頂いております。

 

\今月は第3月曜日が祝日のため、翌週の24日になります。/

より沢山の方に利用してもらえる相談会になるよう準備しております。

 

メイクやまつげ、眉毛のお悩み、頭皮ケア、ウィッグの手入れやアレンジ方法、暑さ対策など、お悩みはお気軽にご相談くださいね。

お待ちしておりますclover

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120352241

0527513700

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会