2016.11.28更新

こんにちは

先日、名大病院にて緩和ケアイベントのお手伝いをさせてもらってきました。

 

まず、緩和ケアのイベントの一角に「アピアランスサポート」のコーナーを作ってもらえたのがすごく嬉しかったです。

 

来てくださった患者さん達には、ネイルケアをさせていただきました。

「病気になってから、マニキュアなんてはじめて塗ったかも。すごく嬉しい!」

「いくつになっても、こういうのってワクワクするわね」

「かわいいー!」とみなさん女子満開の笑顔を見せてくださいましたflower2flower2

 

それを見ていた看護師さん達も「やっぱり表情がかわるわねー」としみじみ。

 

アピアランスケアが持つ力は、患者さんが一番知っていると思います。

 

医療者はつい、忘れてしまいがちな視点。

治療に一生懸命で(もちろん患者さんにとって、先生や看護師さんが真剣に治療に取り組んでくれることは何よりも大切なのですが)、治療以外のことが患者さんに及ぼす影響については忘れがちです。

病気になり、治療をしていると、そのことばかりを考えてしまう、と聞きます。

 

「不安」や「恐怖」はかなりの強敵で、ずっとずっと心に居座って大きな存在感を持ちます。

これらの感情と一日中、一緒にいると本当に心が疲れます。

 

治療は、この感情と真っ向から向き合うことができる最大の味方であり、武器です。

ただ、時には向き合うことすら辞めて、全然違う方を向いて一息つくことも大切だと私は思っています。

 

それが「楽しむ」ことだったり、「笑う」ことだったりします。

それによって、完全に「不安」や「恐怖」がなくなるわけではないけれど、少し元気をくれたり、また頑張ろうと思えたり、もっと楽しいことがしたいと思えたり。

この力が、生きていくためには必要。

辛いことばかりでは、生きていく力は出ないです。

 

視野が狭くなっているのは、医療者だけではなく、患者さんご本人も、です。

治療中でも、楽しく過ごす時間は大切にrabbit

 

楽しい、ワクワク、うきうき?

 

病気で、治療で、今の私にはそんな余裕ないわ、と思っている方こそ是非。

少し自分のワクワクに時間を使ってみることをオススメします。

 

私達のところにも遊びにきてくださいflower

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.11.25更新

病院で看護師をしていた時も、今も患者さんからよく意見を求められることがあります。

「このサプリメントってどう思う?」

「これを食べると癌が治るって聞いた」

 

現在の日本の医療は「西洋医学」が主流です。

「西洋医学」の大部分は医師によって施されることがほとんどで、日本では医療保険の適応となっているのが特徴かもしれません。

 

病気になった時、この「西洋医学」による治療を最初に受ける人がほとんどですが、その治療を受けている中でその他の療法や食品、サプリメントなどの情報を得ることがある訳です。

それらの中には、伝統的な療法でありながらも研究されていて根拠のある療法も存在しますが、情報が乱立している為に何が今の自分に合っているのかということを判断するのはとてもとても難しいことです。

 

私もこの手のご相談を受けることがありますが、大事なスタンスとして

「今やっている治療を続けながら、併用する形でできることで、主治医にも了解を得られたものならばしてみるのもよい」

ということ。

 

スタンダードになっていない治療というのは、まだまだ発展途上のものであると考えることができます。

もしかしたら自分に合うかもしれないけれども、提示さてれいる現行の治療よりも効果が著しく劣る可能性も同時にある、ということです。

 

その辺りをよく考えなくてはいけないので、とても難しいと思うのです。

 

 

中にはとても魅力的な内容が紹介されていたりするものもあるし。

 

 

こんな情報サイトがあります。

「統合医療」情報発信サイト

http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html

厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業に基づき、患者・国民及び医療者が「統合医療」に関する適切な情報を入手するために構築されたHPです。

 

その中から「情報を見極めるための10か条」を抜粋しておきます。


①「その根拠は?」とたずねよう
②情報のかたよりをチェックしよう
③数字のトリックに注意しよう
④出来事の「分母」を意識しよう
⑤いくつかの原因を考えよう
⑥因果関係を見定めよう
⑦比較されていることを確かめよう
⑧ネット情報の「うのみ」はやめよう
⑨情報の出どころを確認しよう
⑩物事の両面を見比べよう

 

こういう風に書いてあると小難しいですね。

ただとっても大事な視点です。

この10か条で見極めて、それでも良さそうな療法って本当に一握りだと思います。

そういうことなんでしょうね、きっと。

 

とても難しい考え方ですが、一人で悩んでおられる時は誰かに相談してみましょう。

主治医でも、看護師さんでも、相談支援員さんでも。

そして私でももちろんいいです。

 

誰かに聞く時は、その人があまりにも断定的に話をしないか、公平な意見、選択するのはあくまでもあなたであるという点を尊重して意見を述べてくれるか、という点に注意すると良いかなと思いますよ。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.11.24更新

今日は朝から冷たい雨です。

関東は雪が降っているとか!!!

昨日は暖かかったのに、気温差が激しくて体調管理が難しいですね、みなさまお気をつけてお過ごしください。

 

 

唐突ですが、アピアランスサポートセンターあいち、開設して明日で1年となりますflower2

おかげさまでこの一年たくさんの患者様やご家族、医療関係者、美容関係者の方々に知って頂くことができました。

みなさま、本当にありがとうございますglitterglitterglitterglitter

 

 

ここの名前をきめる時に「アピアランス」という言葉を使うべきか否かについて、事務局長(実姉です)と多いに悩みました。

一年前は、まだまだ耳慣れない言葉、医療界でも市民権を得ていない言葉だったからです。

「アピアランスって何?」と思われて敬遠されるのではないか、とも思ったんです。

 

悩んだあげく「アピアランスサポートセンター」という名前にしたんだった、と一年前を思い出しました。

ただこの一年で「アピアランス」「アピアランスサポート」「アピアランスケア」という言葉も概念も、活動も飛躍的に注目されるようになってきたのではないかと思います。

 

私自身も、外見的なサポートを通してたくさんの患者さんや患者さんを取り囲む方々に出逢うことができました。

今の私にできること、もっとみなさんの力になれることはないかな?と日々考えています。

 

そして、治療中であっても楽しいなと思える時間が持てるように、笑って過ごせる場所であれればいいなと思います。

先日のアピアランスサポートセミナーでも、多くの看護師さんが来てくださいました。

病気になったとき、治療中であっても治療が終わった後でも、自分にあったところでいつでも気軽に相談ができる窓口が増えて行くとよいなと思いました。

病院内でも外来、病棟、相談支援室、薬剤部、患者会・・・

病院の外でも、私たちのような場があったり。

 

本当に様々な悩みを持った、様々な年代の方がいます。

相談できる場も、多様性があったらきっと役に立つだろうなと感じています。

 

 

一年経って、また気持ちも新たに頑張ろうと思っております!!!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.11.23更新

11月19日(土)名古屋にてアピアランスサポートセミナーあいち2016を開催致しました。

あぴセミ

医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなど医療機関にお勤めの方々や、美容関係者の方々にご参加いただき、

ベルギーにおけるアピアランスサポートの実例や、ウェルネスセンター・アピアランスセンターでの取組について、

MiMi foundationから2名のゲストをお招きし、講演をしていただきました。

アピアランスのサポートを通じて、患者がその人らしく過ごせるサポートをしているという点で、ふくりびの活動と繋がる部分が多く、

院内での常設での運営方法については、社会保障制度の違うなどがあるものの、ヒントとなる考え方が多くありました。

医療関係者ともにチームを組んで、病気を診るだけでなく、患者さんの人生を、尊厳を守るといったサポートは、欧米では当たり前の考え方かと思っていましたが、

MiMiの皆さんから、10年前はベルギーでも医療現場でなかなか重要性を理解してもらえなかったというお話を聞いて、

日本での取り組みも丁寧な働きかけを多方面から続けていけば道は開けていくと強く感じました。

 

また、日本における取り組みとして、愛知県がんセンター中央病院の宮谷先生からお話を頂戴し、またアピアランスサポートセンターでのサポートの現状や事例については、

ふくりび看護師河合が発表を致しました。

院内でもアピアランスサポートに積極的に取り組んでいらっしゃる方々が沢山おり、美容の専門家との連携が求められているというお話もあり、こちらも想いが繋がって来ていると思いました。

あぴサポ

企業の取り組みとして、エピテーゼや人工乳房製作の池山メディカルジャパンさんにもご発表をいただき、人工ニップル製作体験を致しました。

あぴセミ

あぴセミ

ベルギー日本友好150周年事業として、ベルギー大使館に認定していただき、国際交流基金からの助成も受けて実施しました。

塩野義製薬様や、第一生命さんにも運営をサポートしていただきましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

沢山の方にご参加いただき、大変実りの多い会となりました。

当日のレポートは追って詳しくUPする予定です。

 

まずは、準備から1年越しの企画を無事実施できましたことを皆様に感謝して。

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.11.14更新

こんにちは

 

抗がん剤治療の副作用には様々なものがあります。

薬によっても出現する副作用が違うし、組み合わせや使用する期間によってもかわってきたりもします。

個人差ももちろんあります。

 

そんな副作用について、みなさんは誰に相談していますか?

医師や看護師、それに同病の患者さん等に相談する方が多いと思います。

 

「餅は餅屋」ということで、「薬のことは薬剤師さんに聞く」といろいろ教えてくれます。

 

ただ、医師や看護師と違って、薬剤師さんに相談する機会はあまりないわ、と思われる方もいるかもしれません。

最近では薬剤師さんが「薬剤師外来」をしている病院があったり、相談を受け付けてくれるような窓口が設置されている病院も多いです。

院内で訊ねてみると案内してもらえると思います。

 

院外処方で薬を貰っている場合も、薬局で薬を受け渡しする際などに「この副作用なんですが・・・」と話してみると、いろいろ教えてくださると思います。

 

 

薬剤師さんは「薬のプロ」です。

患者さんとの直接の関わりを持つことが以前に比べると増えてきている印象ではありますが、患者さんにとってはそうではないかな?と思いまして。

 

 

薬剤師さんに上手く相談すると、いいアドバイスが貰えることもあります。

是非、頼ってみてくださいね。

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.11.10更新

こんにちは

 

仰々しいタイトルにしてしまいましたが、患者さんが治療をすすめていくなかで大切なことの1つに「主治医との信頼関係」があげられると思います。

 

現在の日本のシステムでは、治療を受ける病院は自由に選べますし、

情報社会の今、病気、治療、病院の評判、名医・・・いろいろなことが簡単に調べられます。

 

その中で選んで(時には選んだ自覚はないかもしれないけれど)受診し、担当になった先生と顔を合わせることになり、

その先は担当医まで選べる場合はほとんどないのが現状でしょう。

 

多くの場合治療は年単位で、通院が必要になるし、人生における大切な決定を迫られる場面も出てくる。

そんな重要な人物とどうしても気が合わない・・・と悩まれている方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

たとえ同じ治療を受けるとしても、診察室に入る度に嫌な気持ちになるとしたら、病院をかわることも考えてもいいと私は思っています。

その他の条件(通院可能な範囲には他に病院がない地域だったり、家族のことや仕事のことなどでその病院以外は考えられないなど)で、どうしても病院をかわれない場合もあると思います・・・

どちらの場合も、まずは看護師さんに相談してみてください。

相談支援室のようなところに相談してもいいかもしれません。

(病院で働いていた頃、このような相談を患者さんから受けることも少なくありませんでした。

先生には言えないけれど、看護師さんには言えることも多いかなと思います。近い存在の看護師さん達に相談すると間に入ってくれることもあります。

例えば、診察の時に聞きたいことがあるけれど、言い出せないとかならば、診察前に看護師さんにメモを渡して先生に渡しておいてもらうとか、カルテに内容を記載してもらうとか、診察室に一緒に入ってきっかけをつくってくれるとか。できることはいろいろありますが、患者さんから声をかけてもらえないと心の中まではわからないことが多いです、ごめんなさい。

でも、多くの看護師は患者さんがより安心して診療が受けられるようにと思っています。是非、看護師さんの力を借りてみてください。)

 

それでも、やっぱりこの病院で治療を続けるのは無理だ。。。と思われたら他の病院を探してみましょう。

でも、自分の大切な診療情報は持って行ってくださいね。これはとても大切なことです。手ぶらで行かないでください。

病院間では、診療情報(検査のデータ、写真、これまでの経緯、治療の内容など)を相互にやり取りできるシステムがあります。

今までの情報を全く持たずに、別の病院に行くと検査を一からやり直したりとロスが大きいです。身体に負担のある検査もありますし、お金もかかります。

 

なので、まず自分に合いそうな病院を探して、そこの病院を受診したいと今の病院に相談してください。

セカンドオピニオンという形で受診してもいいですし、紹介状を書いてもらって紹介という形でもいいです。

ただセカンドオピニオンは基本的には、元の病院に戻ることを前提で意見を聞きに行くというシステムですので、その辺りはよく相談してください。

どちらがよいかわからない、手順が分からない場合は、がん相談支援室というところに相談されるとよいと思います。

自分の通院病院にがん相談支援室がない場合、地域にある他院のがん相談支援室に相談することもできます。

http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpConsultantSearchTop.xsp(全国のがん相談支援センターが検索できます。)

 

 

医師と患者という関係も、時代とともにかわってきてはいます。

ただ、医師も患者も、立場は違えど人間同士です。

その関係の中で、とても力を貰えることもあれば、嫌な想いをすることもあると思います。

 

出会いに感謝、と言うけれど、どうしてもそう思えないときに無理をすることはないですよ、というお話でした。

決して合わなければ、すぐに転院すればいいと言っている訳ではありませんよ、あしからず。。。

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会