2017.10.17更新

治療中に起こるさまざまな副作用の中のひとつである、

皮膚の乾燥により起こるトラブルについて、

原因とスキンケアでの予防策をお伝えします。

 

皮膚の乾燥によって起こる症状とは、

皮膚の炎症、かゆみ、しっしん、色素沈着(黒ずみになる)ことが挙げられます。

本来、潤いのある肌は、角質細胞が水分を保ち、表面の皮脂膜が形成され、バリア機能が働いていますので、日焼けや感染の刺激から肌を守ることができます。

乾燥している肌は、角質細胞が乱れ水分保持できない状態。バリア機能が壊れ刺激が入り込みやすくなります。 紫外線の刺激に多くさらされることによりメラノサイト(メラニンを作る細胞)が活動し色素沈着になってしまったり、感染を受けて炎症かゆみ等のトラブルが起こります。

抗がん剤や放射線治療により細胞機能を抑える治療をされる事で、同時に正常な細胞にも作用してしまうため、細胞分裂が活発な皮膚は影響を受けやすくなるのです。

また脱毛も伴う事でも、脂腺や汗腺か縮み乾燥肌になってしまう原因になります。

乾燥を抑え、バリア機能を高めておくことで、皮膚症状の悪化を予防しましょう。

そのためには、

日常生活での予防スキンケアケアが重要になってきます。

①保清 ②保湿 ③保護 の基本3点を押さえてこまめなケアを行ってくださいね

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.10.17更新

治療中に起こるさまざまな副作用の中のひとつ、皮膚の乾燥により起こるトラブルについて、

原因と、スキンケアでの予防策をお伝えします。

 

皮膚の乾燥によって起こる症状とは、

皮膚の炎症、かゆみ、しっしん、色素沈着(黒ずみになる)ことが挙げられます。

 

本来、潤いのある肌は、角質細胞が水分を保ち、表面の皮脂膜が形成され、バリア機能が働いていますので、日焼けや感染の刺激から肌を守ることができます。

乾燥している肌は、角質細胞が乱れ水分保持できない状態。バリア機能が壊れ刺激が入り込みやすくなります。

紫外線の刺激に多くさらされることによりメラノサイト(メラニンを作る細胞)が活動し色素沈着になってしまったり、感染を受けて炎症かゆみ等のトラブルが起こります。

 

抗がん剤や放射線治療により細胞機能を抑える治療をされる事で、同時に正常な細胞にも作用してしまうため、細胞分裂が活発な皮膚は影響を受けやすくなるのです。

また脱毛も伴う事でも、脂腺や汗腺か縮み乾燥肌になってしまう原因になります。

乾燥を抑え、バリア機能を高めておくことで、皮膚症状の悪化を予防しましょう。

 

そのためには、

日常生活での予防スキンケアケアが重要になってきます。

①保清  ②保湿  ③保護  の基本3点を押さえてこまめなケアを行ってくださいね

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.10.15更新

東京都女性ベンチャー成長促進事業「APT Women」の第一期プログラム受講者に選ばれ、毎週研修を受けています。

第一回の講義はこちら

第二回の講師は、2015年米経済誌「Forbes」が発表した「米国で最も成功した女性50人」の一人に選ばれた唯一の日本人女性である

久能祐子博士

APT WOMEN 東京都

APT 東京都

 

日米で2つのバイオベンチャーを起業し、新薬開発の成功で築いた資産で財団を設立、社会起業家やアーティスト、科学者を支援しているという素晴らしい方から

直接のレクチャーを受け、事業で感じている課題についてもご助言を頂きました。

ドイツ・ミュンヘン留学時の学生の頃から「自分で選ぶ・決める」という意思を強く持ち、様々なチャレンジを重ねてきた久能先生は、

スケールは半端なく大きいのですが、具体的な失敗談や経験から感じたお話をスモールステップに切り分けて話してくださって、

恐れ多いですが、ヴィジョンと信念を持ち、着実な一歩を続けながら、リスクも積極的に取りながらチャレンジし続ければ、

私でも、先生のように、必ず目指すところにたどり着けるのではないか!と思える、

もう、感動と共感で非常にエキサイティングな講義でした。

 

4ヶ月の支援を受けて、ふくりびの活動を大きく飛躍させていけるよう、精進します。

このような機会をいただけて、本当にありがたいです。

20人の受講生の皆さんも素敵な事業にチャレンジしている方ばかりで、刺激を受けています!

どんどんチャレンジしていきます!!!

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.10.12更新

抗がん剤投薬治療が終わられた方へ、

さまざまな副作用を伴う治療本当にお疲れ様でした。

そんな副作用の中でも脱毛は大きな変化があり、負担に感じている方が多くいらっしゃいます。

治療が終わったからと言ってもすぐに元にもどるものでもありません。

今日は、抗がん剤投薬が終わり髪の毛が生え揃うまでの間に多く相談を寄せられるお悩み、

再び発毛した髪の毛が癖毛、軟毛…

以前と髪質が変わってしまいました。

元にもどりますか?

について、詳しくご説明します。

 

答えは、

多くのかたが、少しずつ時間をかけてもとの髪質に戻る傾向にあります。

再び生え替わった髪質が変わってしまうのは、多くは毛穴の緩みが原因です。毛穴の中の毛が抜けてなくなったため、丸かった毛穴は変型します。変型した毛穴から生えた髪は癖毛や、細い毛になって生えてきてしまうのです。

 

再び毛穴の中に毛がある状態になれば毛穴も再び丸く形を元に戻していきます。ですので、その間頭皮の血行を良くする頭皮マッサージ、炭酸系のヘッドスパで毛穴が元にもどる力を促進してあげる事をおすすめします。

激しいマッサージや刺激の強いケア剤など、頭皮に負担がかかるような施術は控えましょう。

 

毛穴の緩みと言うものは脱毛の有無に限らず、年齢とともに少しずつ緩んでいくものでもあります。お顔の肉が下がったり、シワが出来るのと同じで毛穴も緩み変型していくものです。

お顔のシワたるみのようにみて分かるものではないですので、見落としがちなところではありますが、頭皮ケアにも関心を持って頂けたらとおもいます。

あぴさぽではもちろん院内相談会でもご相談お受けしています。

お気軽にお立ち寄りください♪

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120352241

0527513700

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.10.07更新

医療用ウィッグ 美容室

ふくりびの医療用ウィッグを取り扱ってくれているパートナーサロン(全国の美容室)が100軒を超えました!!!

全国のパートナーサロンはこちらからお探し頂けます。

ふくりびウィッグのパートナー美容院は、ウィッグの取り扱いやカウンセリングについての研修を受け、

がん患者さんや脱毛症の患者さんのサポートをしたいという熱い想いと、長いキャリアや技術を持ったサロンさんばかりです。

そして、本部ふくりびや、アピアランスサポートセンタースタッフがそれをさらに後方支援しています。

美容室 ウィッグ

医療用ウィッグをお探しのお客様は、全国のふくりびパートナーサロンにご相談ください。

本部で電話やメールでカウンセリングしたのち、最寄りのサロンをご案内することも可能です。

電話またはメールで承っております。
052-801-5203 ふくりび本部事務局
info@fukuribi.jpまでお問い合わせください。

 

また、ふくりび医療用ウィッグパートナーサロンに加わって下さる美容院を募集しています。

患者さんをサポートしたいという熱い想いを持った美容師さん、ぜひふくりびと一緒にアピアランスサポートを全国に広げて、

「医療用ウィッグをいつもの美容室で相談できる・作成できる」という社会を作っていきましょう。

多くの患者さんが「いつもの美容室には相談しにくい」という悩みを持っているという現状があります。

それは、美容師として、すごく残念な状態だと思います。

 

サロンからの発信や日頃のお客様との会話から、

「いつもの美容室に相談しよう」という関係性を築いていけると信じています。

医療用ウィッグを取り扱いたい!という美容院のオーナーさんは

下記からぜひふくりびに連絡をください!!!全国各地で導入講習を実施予定です。またオンラインや動画・スカイプなどでのサポートを行っています。

ふくりびの医療用人毛100%ウィッグは、美容師さんが培ってきたカラーやカット・パーマの技術を活かして、

患者さんひとりひとりに合わせて可愛い素敵なウィッグを作れるサービスです。

 

パートナーサロン詳細はこちら

問い合わせはこちら

 

ふくりびは、日本全国の美容室で、闘病中の方へのアピアランス(外見)サポートができる状態を目指しています!!

 

 

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.10.05更新

こんにちは!

前回7月に開催しました、あぴさぽ美容師による愛知医科大学での院内アピアランスセミナーの第2回目を11月30日に予定しています。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会