2017.12.12更新

ご報告が遅くなりましたが、先月11月に名古屋大学医学部附属病院にて開催された緩和ケアイベントのアピアランスコーナーのお手伝いをしてきましたnote

 

イベントは、

緩和ケア週間として緩和ケアを知ってもらうという啓蒙イベントとして企画されています。

 

緩和ケアといえばオレンジバルーン(http://www.kanwacare.net)のイメージになってきていますが、

院内にもオレンジのお花を飾ったりと看護師さんたちが準備をしてくれていました。

緩和ケア イベント 名古屋

一気に華やかに、イベントらしい雰囲気になっていました。

 

外来診察時間内に外来棟の開かれたスペースで行われたので、通りがかりに気軽に立ち寄ってもらえるイベントでとてもよいなぁと思いました。

 

 

さて、今年はいつもあぴサポでもみなさんからよく聞くお悩みで

「眉毛が脱毛すると書き方が難しい」ということに対して、眉レッスンを担当させてもらいました。

 

「うまくかけてるのかしら?」

「書くのが難しい!」と思っていても、どこかに相談する機会もなかったという声が今回も聞こえてきました。

 

あぴサポにもメイクのご相談できてくださる患者さんがいらっしゃいますが、決して「気軽に」ではないなぁ、とも感じています。

どこか新しいところに出かけていくのって病気であるなしにかかわらず、それなりの勇気がいるかなと私は思っています。

院内でイベント的なものがあったり、これ行ってみたらーと看護師さんが背中を押してくれたり、私も行ってみたよー一緒に行く?と

お友達が誘ってくれたり。。。そんなきっかけも必要なのかなと思います。

 

 

お手伝いを通して、そんなことも感じました。

 

 

センターでも個別対応もいたしますのでお気軽にお問い合わせくださいni

院内での相談会の担当もしております。

 

名古屋大学医学部附属病院 毎月第1・3火曜日 11時から13時  中央診療棟2階 患者情報センターナディック内

 

藤田保健衛生大学病院 毎月第1火曜日、第3月曜日 11時から13時

 

名古屋市立大学病院 毎月第1・3金曜日 12時30分から14時30分 B1階 ローソン店内相談室

 

赤羽乳腺クリニック 毎週火・木曜日 診察時間内 院内相談室

 

 

院内でのご相談については予約制ではありませんので、時間に直接いらしてください。

ウィッグのご試着やメイク等のご相談もお受けいたします。

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.11更新

おはようございます。

12月ももう10日を過ぎてしまって、なんだかソワソワしてきますよねー。

恒例行事もあったりして。。。

あぴ会 12月

(お餅つきしている息子。重くて持ち上がらないかと思ってたけどいつの間にかそんなに力持ちになってたのね。)

 

 

さて、今年最後となった12月のあぴ会は、時期的なものもあってか体調不良関係で参加者少なめでしたが、おかげでゆっくりとお話しできましたflower2

お越しいただいたみなさま、寒い中ありがとうございましたrabbitrabbit

あぴ会 12月 学会報告

 

 

あぴ会の中でもご紹介しましたが、癌治療学会にPALで参加されていた団体の中で最新の医療情報を翻訳してくれているサイトを運営されている団体がありました。

私もよく拝見していたサイトですしみなさんもご存知かもしれませんが、本当に最新のものが頻繁にUPされていて素晴らしいと思います。

ここですright arrowright arrow海外医療情報リファレンス https://www.cancerit.jp

 

世界的な目で見ると多くの情報は英語で書かれていて、それを読めるか、読めないかで情報量は大きく違うと感じます。

それに、以前から日本のインターネット上の医療情報には正しくない情報が一定数含まれているのが色々と問題になっています。

(今回私があぴ会の準備をしている間にも、日本のgoogleが医療情報について検索結果の改善に対し大幅は変更を実施したと発表しています。期待。

https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/google-update-02?utm_term=.ksx8wwgO3R#.xfejrrP3pl

 

 

英語に限ったことではないけれど、生きていく上でコミュニケーションのツールや技術ってやっぱり持ってた方が便利だよね、と思うことが多々。

英語も話せたり、読めたりすれば、それだけで手に入るものが増えるんだもの。

 

 

とはいっても、英語を取得するのはそんなに簡単ではないので。。。

今日からでもできるコミュニケーションの大きな要であると私が常々思っていることをちょっと書いてみます。

 

 

なんでも、「自分から」と思うこと。

なんじゃそれ、と思いましたかー?pue

 

例えば、初めましてのところで緊張している時、誰かに話しかけてもらうのを待つよりも、

「自分から」話しかけてみるようにしています。

「緊張しますねー」と言ってみたり、自分の心を自分でほぐすつもりで。

 

こんな私、小さい頃は本当に引っ込み思案でこの「自分から」が大の苦手でした。

大人の私しか知らない方には信じてもらえないかもしれないけれど、お姉ちゃんの後ろに隠れて「恥ずかしい」という気持ちに取り憑かれていたような女の子でした。

 

そんな私も、歳をとったお陰で自意識という殻がぱりんと割れて、相手にどう思われるか、はあんまり重要ではないことに気がつきました。

大事なのは私がどう思うか、です。

もちろん思いやりの気持ちはそれと同じくらい大切なのだけれど、誰かの気持ちは私にはコントロールできないことなのでそれを気にしていたら疲れてしまうし。

 

損だと思ってしまうようなことも「自分から」

そして、見返りは期待しないこと、自分の思い込みや自分がよく思われたいからなどの理由で、相手に何かをしないこと。

 

 

ナイチンゲールやダライ・ラマみたいにはなれないけど、今ここで楽しく、オープンマインドでいたいものだと思っています。

 

 

 

あれ?なんの話かよくわからなくなりましたが、今回のあぴ会でもみなさんの新しいチャレンジを聞かせてもらったり、コミュニケーション上手の秘訣を探ったり、

みんなで集まって話をすることで得られるものがたくさんありましたflower2flower2

 

今年はこれで終わりですが、来年もまたみなさんと楽しい時間を共有できることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.11更新

おはようございます。

12月ももう10日を過ぎてしまって、なんだかソワソワしてきますよねー。

恒例行事もあったりして。。。

あぴ会 12月

(お餅つきしている息子。重くて持ち上がらないかと思ってたけどいつの間にかそんなに力持ちになってたのね。)

 

 

さて、今年最後となった12月のあぴ会は、時期的なものもあってか体調不良関係で参加者少なめでしたが、おかげでゆっくりとお話しできましたflower2

お越しいただいたみなさま、寒い中ありがとうございましたrabbitrabbit

あぴ会 12月 学会報告

 

 

あぴ会の中でもご紹介しましたが、癌治療学会にPALで参加されていた団体の中で最新の医療情報を翻訳してくれているサイトを運営されている団体がありました。

私もよく拝見していたサイトですしみなさんもご存知かもしれませんが、本当に最新のものが頻繁にUPされていて素晴らしいと思います。

ここですright arrowright arrow海外医療情報リファレンス https://www.cancerit.jp

 

世界的な目で見ると多くの情報は英語で書かれていて、それを読めるか、読めないかで情報量は大きく違うと感じます。

それに、以前から日本のインターネット上の医療情報には正しくない情報が一定数含まれているのが色々と問題になっています。

(今回私があぴ会の準備をしている間にも、日本のgoogleが医療情報について検索結果の改善に対し大幅は変更を実施したと発表しています。期待。

https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/google-update-02?utm_term=.ksx8wwgO3R#.xfejrrP3pl

 

 

英語に限ったことではないけれど、生きていく上でコミュニケーションのツールや技術ってやっぱり持ってた方が便利だよね、と思うことが多々。

英語も話せたり、読めたりすれば、それだけで手に入るものが増えるんだもの。

 

 

とはいっても、英語を取得するのはそんなに簡単ではないので。。。

今日からでもできるコミュニケーションの大きな要であると私が常々思っていることをちょっと書いてみます。

 

 

なんでも、「自分から」と思うこと。

なんじゃそれ、と思いましたかー?pue

 

例えば、初めましてのところで緊張している時、誰かに話しかけてもらうのを待つよりも、

「自分から」話しかけてみるようにしています。

「緊張しますねー」と言ってみたり、自分の心を自分でほぐすつもりで。

 

こんな私、小さい頃は本当に引っ込み思案でこの「自分から」が大の苦手でした。

大人の私しか知らない方には信じてもらえないかもしれないけれど、お姉ちゃんの後ろに隠れて「恥ずかしい」という気持ちに取り憑かれていたような女の子でした。

 

そんな私も、歳をとったお陰で自意識という殻がぱりんと割れて、相手にどう思われるか、はあんまり重要ではないことに気がつきました。

大事なのは私がどう思うか、です。

もちろん思いやりの気持ちはそれと同じくらい大切なのだけれど、誰かの気持ちは私にはコントロールできないことなのでそれを気にしていたら疲れてしまうし。

 

損だと思ってしまうようなことも「自分から」

そして、見返りは期待しないこと、自分の思い込みや自分がよく思われたいからなどの理由で、相手に何かをしないこと。

 

 

ナイチンゲールやダライ・ラマみたいにはなれないけど、今ここで楽しく、オープンマインドでいたいものだと思っています。

 

 

 

あれ?なんの話かよくわからなくなりましたが、今回のあぴ会でもみなさんの新しいチャレンジを聞かせてもらったり、コミュニケーション上手の秘訣を探ったり、

みんなで集まって話をすることで得られるものがたくさんありましたflower2flower2

 

今年はこれで終わりですが、来年もまたみなさんと楽しい時間を共有できることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.07更新

セミナー

先月、愛知医科大学にて乳がん患者さまのおしゃべり会におじゃまし、メイクセミナーをさせて頂きました。

今回は、副作用による色素沈着予防のスキンケアとベースメイクについてお話ししました。

毎日のスキンケアの基本の三点、保清、保湿、保護の正しい知識と、方法について。商材の選び方などと、

ベースメイクでは、ご自身の肌が持つパーソナルカラー診断から、自分の似合う色を知っていただき、普段のメイクに生かして頂けるような内容でお伝えしました。

ご自分のパーソナルカラーを知らないかたは多く、みなさん興味津々に楽しんで頂けて良かったです。

最後にはパーソナルカラーに基づいたリップカラーをご自分で調合してみえた方もいて、これからのメイクの色選びが楽しくなったと言ってくださいました!

自分の似合う色がわかれば、顔色を効果的に明るく元気に見せる事ができ、日々の生活も前向きに過ごせれば嬉しいです(*^-^*)

セミナー

セミナー

セミナー

今回はメイクのお話、楽しいおしゃべり会になりました☆

患者さまとお話していると、やはり会話の内容、悩み事は

脱毛した髪の毛の悩み、ウィッグの話を多く耳にしました。

やっぱりいつも真ん中に常にある悩みは髪の毛の事なんだな、と感じました。

治療は終わったけれどもまだ頭髪は元に戻っていないし、いつ元通りになるのか見当つかず、悩まれていて相談先を探している方が沢山みえるのではと思います。

次回はウィッグ、毛髪の内容でおしゃべり会が良いかなと考えて参ります。

ぜひまたご参加ください。

アピアランスサポートセンターあいちでもご相談おうけしています。

 

アピアランスサポートセンターあいち

0120352241

0527513700

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2017.12.06更新

こんにちは。

 

12月の空き状況のご案内です。

12月7日木曜日 午前

12月13日水曜日 午前

12月14日木曜日 午前

12月18日月曜日 午前

12月22日金曜日 午後

12月28日木曜日 午後

12月29日金曜日 午前午後

ふくりび

他の日程でも時間帯によりご案内出来るところもございます。

朝は9時~夕方6時以降も可能です。

12月は理美容の要望が増えるときです。

いつもは違うところに来てもらっているが、

予約がとれない、、明日すぐ来てほしい!!など、

お客様のご希望に合わせて訪問いたします。

 

パーマもカラーもシャンプーも出来ます!

ベット上のカットもご相談ください!

出張カット

お気軽にお問い合わせください。

052-801-5203(TEL FAX)高橋

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会