2016.12.30更新

人毛100%6万円のふくりびウィッグを取り扱うパートナーサロンになりませんか?

全国の美容室がどんどん仲間に加わってくれています。

美容室ウィッグ

医療用ウィッグはNPOふくりび

ふくりびのパートナーサロン(美容室)は、現在全国に96サロン!!

【パートナーサロン向け講習開催日程】

医療用ウィッグの販売に際しての技術・カウンセリング・マーケティング・営業まで全てを伝授。

患者さんが最寄りの美容室で、当たり前に医療用ウィッグの相談や制作ができ、

闘病中のアピアランス(外見)の悩みを気軽に相談できる状態を作るために、全国の美容室と連携を進めています。

 

2017年 

2月13日(月)東京 

2月7日(火)大阪

※多店舗で導入されるご予定のサロンさんには臨店講習も行っておりますので、ご相談ください。

 また、上記エリア以外の場合も相談により講習実施を致しますので、お気軽にご相談ください。

 

美容室で作る医療用ウィッグ業界で、提携美容室数全国NO.1!!
人毛100%だからパーマ・カラーもできる!美容室ならではの医療用ウィッグ販売をサポート!

ふくりび医療用ウィッグパートナーサロンのメリット
①看護婦による相談窓口
看護婦が電話やメールでお客様やサロンスタッフの不安をサポートします。
病気や抗がん剤の知識が身に付きます。

アピアランスサポートについての最新情報を提供します。

②病院からサロンへ
病院配布のパンフレットにあなたのサロン情報を掲載します。
病院でウィッグのことを知った周辺地域のお客様からサロンへお問い合わせを促します。

③インターネット検索の強化
医療用ウィッグWEBサイトにあなたのサロン情報を掲載します。インターネット検索が強化されお客様がサロンを見つけやすくなります。

NPOふくりびでは、2010年より、高品質低価格の医療用ウィッグの販売を
行って参りました。「かつら専門店ではなく、いつもの美容室で医療用ウィッグを購入したい」との
お客様のニーズに応えるべく、美容室で販売しやすい「ふくりびウィッグ」を開発致しました。
年間45.7万人(「JMDCレセプトデータベース」に基づく推計)とも言われる抗がん剤投与者をサポートするべく、ふくりび医療用ウィッグをお取り扱い頂く美容室を 募集します。
技術・販売方法などについての特別講習会をご受講下さい。

 

パートナーサロンに関して詳しくはこちら


医療用ウィッグの導入についてのお問い合わせは、下記まで
NPO法人全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)
TEL&FAX 052-801-5203
メール info@fukuribi.jp
WEBサイトhttp://www.fukuribi.jp/

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.29更新

就労支援・がん患者のためのあぴサポネイルスクール開校
(2017年1月〜3月の第1期は受講料無料)

ネイルスクール がん

がん患者さんのアピアランス(外見)サポートを行うアピアランスサポートセンターあいちは、2017年1月よりがん患者(経験者)を対象としたネイルスクールを開校いたします。

背景・目的:がん対策基本法制定から10年経ち、がん治療の進化により、治療後も社会で活躍できる人が増えてきた一方で、通院のため退職を余儀なくされるケースも増えるなど、新たな課題が出てきています。(勤務者の34%が依願退職、解雇。自営業等の者の13%が廃業。厚生労働科学研究費補助金、厚生労働省がん研究助成金「がんの社会学」に関する合同研究班 :平成16年)今国会にてがん患者が安心して暮らすことのできる社会への環境整備を盛り込んだがん対策基本法の改正法が12月9日、衆院本会議で可決、成立いたしました。がんに罹患した後も、安心して働くことのできる環境作りとして、国や地方自治体、医療機関、企業等により既に様々な取り組みがなされていますが十分であるとは言えず、今後より一層の拡充が求められることになります。
がん患者、経験者の中には手術や治療の副作用にて前職に復帰することが困難であったり、治療や通院に伴う休暇取得が難しいために勤務形態の変更を余儀なくされたりしているケースも多く聞かれます。働く世代のがん患者は女性が多いため、活躍している女性が多く、身体的負担が少なく、勤務形態も柔軟に対応できる職種の中で外見的なサポートにも繋がる職としてネイリスト(座っての仕事、重労働ではない、2時間程度の単位での仕事が可能、シフト制での勤務や自宅開業が可能等)に着目しました。そこで就労及び自宅開業を目指した職業訓練を提供いたします。

ネイルスクール

内容:1回5時間・全20回 100時間(時間、回数に関しては体調や通院等の事情を考慮し、単位制で振替可能とします)
〇ジェルネイル検定初級、中級の取得を目指すコース。
日本財団助成事業として、2017年1月〜3月の期間については、受講費用は無料・必要な材料や道具等も無償貸与いたします。
自宅開業希望者には、ネイルサロン経営者から経営や会計の基礎を学べる講義も実施。
卒業後は、アピアランスサポートセンターあいちでの就労も可能です。

平成29年12月29日1月25日(水)開校
週2回実施10:00〜16:00(うち1時間休憩) 
※カリキュラム等は別紙記載

受講場所:名古屋市千種区鹿子殿3-3アピアランスサポートセンターあいち(自由が丘駅徒歩7分・駐車場有り)

受講説明会は29年1月よりあぴサポで随時開催。

問い合わせ先:052-751-3700
アピアランスサポートセンターあいち(あぴサポあいち)
河合・岩岡まで

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.28更新

闘病中でも、あなたらしく理美容師として働くために。通院や治療と仕事の両立サポートします!!!!

 

NPOふくりびは21年に亘る訪問理美容・福祉理美容の経験を持ち、

愛知県がんセンター徒歩1分の場所で、がん患者さん向けのアピアランスサポートセンターあいちを運営する

福祉理美容のNPOです。

 

女性理美容師の活躍の場として、福祉理美容という仕事を推進してきましたが、

この度、がん闘病中の理美容師の働き方をサポートするという視点で、

介護施設・居宅への訪問理美容スタッフ・及び医療用ウィッグ制作スタッフを募集します。

男女・年齢問わず、理美容の仕事は続けたいけど、闘病との両立で困っているという方はご相談ください。

訪問理美容・医療用ウィッグ制作は、

 

〇短時間勤務が可能(一日2時間から勤務可能)

〇シャンプーをしなくてもいいので、体制が楽

〇闘病の経験を活かして、患者さんをサポートできる

 

訪問美容 求人

☆短時間(午前中だけ、午後だけ)勤務可能☆

▼採用人数:2名

▼雇用形態:パート・アルバイト

▼勤務先:名古屋市・長久手町・日進市・東郷町、その他近郊介護施設及び高齢者等居宅

▼仕事内容: 介護施設及び居宅での理美容(カット・パーマ・カラーなど)
特に、ショートスタイルの得意な方、大歓迎
▼必要なスキル
・理美容師免許所持
・理美容室での5年以上の勤務経験
・スタイリストとして2年以上カットを担当していた経験(アシスタント勤務のみは不可)
・介護福祉士資格、ヘルパー2級所持の場合、優遇

▼ 勤務時間:
  9:00~17:00 完全シフト制です
 ※通院や治療などのお休みも、シフト制なので、気にせず休んでいただけます。

 ※体調がすぐれない場合もヘルプのスタッフがサポートしますので、安心して働けます。

▼給与:時給1200円+能力給

▼必要な資格
 理容師・美容師免許

▼応募方法:
電話連絡の上、履歴書持参で面接

▼●お問合せ:

事務局長 岩岡

看護師:河合

052-801-5203

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.28更新

2017年、はじまりのあぴ会は

「メイク&写真撮影」ですflower2flower2

 

ヘア&メイクはふくりび美容師あやめちゃんが担当いたします。

とっても可愛い美容師さんで、可愛く仕上げてくれること間違い無しglitterglitter

 

そして、写真撮影はプロのカメラマンの方にお願いしてあります!

大人になってから、プロカメラマンに写真を撮ってもらう機会なんてあんまりありませんよねぇ。

先日も患者さんとお話していたら

「そういえば、がんになってから写真なんてほとんど撮ってない!」とおっしゃってました。

気分的に写真を撮る気持ちにもならない時期もあると思いますが、今回はプロにメイクしてもらって、プロに撮影してもらうのできっときれいに撮れますよheart

せっかくの機会なので、お子さんやご主人など、ご家族との撮影を希望される方はご一緒にいらしてくださいね。

家族写真も子供が大きくなるとなかなか撮らなくなりますし、ご主人との写真となればなおのこと??

病気をきっかけに家族の絆が深まったというお話もよく聞きますので、そんな想いを形にしておくのもよいかもしれません。

大変な治療を支えてくれた大事な存在です。

 

 

貴重な機会になるかなと思います。是非ご参加ください。

先着順で、人数に達し次第閉め切らせていただきます。お早めのご予約をbird

 

 

2017/01/10 火 13時30分〜

写真撮影終了後は、お茶会の予定としています。

 

お電話お待ちしております。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.25更新

今日も夕方に病院へ医療用ウィッグの制作に行ってきます!!

医療用ウィッグ名古屋

年始からの抗がん剤治療の予定などで、年末年始にお急ぎで医療用ウィッグをお探しの方、

焦らずに、一度ふくりびにご相談ください。

人毛100%で、自然な仕上がりで、パーマやカラーなどスタイルチェンジもできます。

 

1、当日お渡しが可能です。

2、年内・年始も対応します。

年末は12月30日(金)まで、年始は1月4日(水)からお作りできます。

どうしても帰省中に作りたいというならば、時間外でも対応しますので、どうぞふくりびにお任せ下さい。

 

まずは、お気軽にフリーダイヤル

0120-352241

までお問い合わせください。

メールは

info@fukuribi.jpか、問い合わせフォームからどうぞ。

 

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.25更新

※12月3日より受講受付開始しました※

「ふくりびと」福祉理美容合宿型パワーアップ講習2017春☆8人限定

理事長赤木・事務局長岩岡が全セッションで直接指導!!少人数でのクローズド講習

訪問美容研修

場所:名古屋近郊エリア・集合は名古屋市内

日時:平成29年3月13日(月)・14日(火)(合宿型講習)※定員に達し次第締め切ります。

〇定員:8名
※理容師・美容師国家資格保持者のみ、ペアでの受講の場合はどちらかが資格を保持していれば可


〇研修参加費用:
1名受講:86,400円(プログラムに含まれるもの:1日目の懇親会飲食費・2日目の昼食、及び1日目・2日目のプログラム参加中の移動交通費)

「赤木塾:技術講習」:6時間程度
訪問理美容に必要なカット技術や接遇コミュニケーション等について、訪問理美容現場、技術実習を通してしっかりと学ぶ講座です。赤木の指導のもと、技術研修を行います。
・ベット上での寝たきりの方に対応するカット方法や、車椅子の操作、認知症の方へのカウンセリング対応などについて学びます。
「岩岡塾:福祉理美容マネジメント」:5時間程度
訪問理美容・障害者身だしなみ講座、医療用ウィッグといったNPOふくりびが取り組む全ての事業分野について、マネジメント、運営全般について学ぶ、管理者向け(サロンオーナー、または、事業部長やレセプショネスなど現場で働くスタッフをサポートする側の方)の研修です。

・介護や福祉の現場で必要とされている福祉理美容(介護施設への訪問理美容・医療用ウィッグ販売・途上国での職業訓練)全般の考え方やマネジメントについて学びます。
・理美容の技術や知識を活かして、国内外の多職種の専門家と繋がる方法や、理美容スタッフの人材育成、キャリア形成、人材活用について学びます。
・広報力アップセミナー、人材育成研修、WEB活用研修、その他福祉理美容に関する講習なども行います。
・理美容院のCSR・社会貢献活動支援なども行っていきます。
「赤木&岩岡の個別相談」
各サロンや参加者の現状の課題や壁に対して、個別コンサルティングを行います。
事業計画立案のお手伝いも致します。
・訪問理美容を始めるのに当たり、最初に何をすれば良いのか? ・事業計画作成のお手伝い ・宣伝や営業活動の具体的な方法、チラシやWEBでの広報について ・訪問理美容をすでに始めているが、売上を伸ばす方法や、業務の拡大について ・人材の活用や待遇の改善、求人やスタッフの育成について ・組織化やマネジメント全般について ・企業や大学との連携や協働について ・その他福祉理美容全般に関するご相談や、開業に関するご相談、理美容さんのキャリアに関するご相談にもお答えします。

 ※プログラムは変更になる場合もあります。

前回は、デイサービスで高齢者の方と一緒にランチを食べたり、朝からモーニングセッションで瞑想をしたりもしましたよー。

〇お申し込み・お問い合わせ先〇
NPOふくりび研修チーム:担当:高橋・河合
052-801-5203
info@fukuribi.jp

まずは、メールか電話でお問い合わせください。

お申込み用紙と詳細案内をお送りします。

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.23更新

がんになって

抗がん剤の副作用で髪の毛がなくなって

眉毛も睫毛もなくなっちゃって

なんだか外に出かける自信がなくなってしまった。。。

 

 

今日は先日トップピースをお作りした患者さんから

「あれからウィッグは一回も使ってないの。トップピース選んでくださってありがとう!」とお礼の電話を頂戴しました。

娘さんと一緒にお気に入りのアーティストのライブに行かれたそうです。

「飛び跳ねても大丈夫だった!笑」と。それはなにより良かったflowerflower


楽しそうな様子が伝わってきて、私も嬉しくなりました。

 

 

「治療も頑張ったし、自分にも少しご褒美ーと思えるようになりました」

ともお話してくださいました。

 

そうそう!!!そういう感じが良いですよーと思いました。

みなさん頑張ってますから、ゆっくりしたり、自分が心地よいと感じることをしたら良いと思います。

 

それがライブでも、ショッピングでも、お友達とのおしゃべりでも、旅行でも。

それこそ、仕事が大好きで仕事をしていると自分が自分らしくいられる、というような方ならそれもありだとおもいます。

 

 

嬉しいお知らせを頂いたのでシェアしたくて。

ウィッグでもライブにも行けますよ。(白血球下がっているとき等は人ごみは避けて欲しいので、そういう時は辞めておいてください、、、、)

私も久し振りにライブに行きたくなりましたbutterfly

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.22更新

先日、今年の春にウィッグを作ってくださった患者様がお話をしに来てくださいました。

 

秋に職場に復帰すると話されていたので「お仕事どうですか?」と聞いたら・・・・

「結局戻れなくなったの」と。

 

色々とお話を伺って、こういう思いをしている方がたくさんいるんだろうなぁと漠然と思いました。

なかなか難しい問題ではありますが、がん対策基本法も改正されたことですし、今後は少しずつだとしても確実に変化していくだろうなと期待しています。

がんと就労についてはすでにたくさんの取り組みがなされています。自分に有利になるような振る舞いを身につけて賢く生きましょう。

http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/work_with_cancer/member/index.html

(少し違うけれど、産後の育休や育休後の時短勤務なども数年前までは、特例的だったけれど最近では当たり前として使える制度になってきているし。

働き手のニーズが変われば、雇用側もそれに合わせていくことが求められるので変わってくると思います。治療しながら働く人はどんどん増えていきますから。)

 

しかし、

その患者さんは、仕事をしている時にはできなかったことを今されているそうです。

今しかできないことだし、とても役に立っているし、充実感もあるし、すごく良い時間を持てているとお話されていて、それもまた良かったなぁとしみじみ思いました。

 

 

がんになっても働くことはとても大事だなと思っています。

ただ、今までの働き方に固執することはないとも思います。

選べるほど余裕がないのが今の現状かもしれませんが、大きなストレスを抱えて働くのは・・・とも思うので、

自分にとってどんな働き方がいいのか、考えるチャンスでもあるかなと思っています。

それまでに自分の価値を高めておくことも大切かもしれませんね。

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.18更新

 

年末の訪問理美容はNPOふくりびへ。

お正月には綺麗で素敵な髪型で迎えましょう!

パーマやカラーもできます!

まだご予約承りますので電話、またはファックスでお問い合わせください。

 

訪問理美容

訪問理美容

電話/ファックス

052-801-5203

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.12.17更新

ふくりびのオンラインサロンで、来年の企画を練っています。
今なら第一期まだ参加可能ですので、パートナーサロンの皆さんも仲間に加わって、一緒に色々仕掛けていきましょう。


現在男女比率半々くらいで、平均年齢は30代半ばかな。
みんなパワーがあって面白いメンバーです。
進んでいる企画は下記のとおり

1、医療用ウィッグ新パンフの撮影委員会
2、訪問美容の商材開発(メーカーからの依頼)委員会
3、ビューティーキャラバンやあぴ会を地方で実施する委員会
4、会員交流&赤木・岩岡との相談会開催委員会(開設から2ヶ月で、既に、2回開催!次回は1月新年会予定)
などです。

登録は下記のページで詳しく説明しています。

http://www.fukuribi.jp/dmm/

登録はdmmのページで簡単にできます。

https://lounge.dmm.com/detail/227/

「オンラインサロンオフ会@名古屋」

ふくりびと

訪問理美容・福祉理美容に関心のある方々の積極的な参加を期待しています。

 

[こんな人におすすめ] 


・美容・理容サロンオーナー

・エステ・ネイル・メイク・鍼灸サロンオーナー

・上記業種で福祉理美容・訪問理美容などで将来独立を考えている方

・訪問理美容を始めたい方・始めていてもっと広げて行きたい方

・子育てと理美容の仕事を両立して生き生き働きたい方

・医療用ウィッグやアピアランスサポートを充実させたい方

・新しいネットワークで業界の在り方を変えたい方

 

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ