2016.06.28更新

おはようございます。

 

アピアランスサポートセンターあいち 看護師の河合です。

 

みなさん「緩和ケア」という言葉、どのようなイメージでしょうか?

 

ぱっと思いつくイメージが「終末期ケア」に近い方が多いのではないかと思います。

私もそういうイメージを持っていました。

 

「痛みのコントロール」「よりよく最期を迎えるための精神的なケア」「積極的治療が望めない人が受けるもの」

といった感じです。

 

もちろんこれらも「緩和ケア」の中の要素ではありますが、もっと広い意味を持つ言葉として使われています。

 

「緩和ケア」をどう捉えるかということですが、

 

がん情報サービス がんの療養と緩和ケア(http://ganjoho.jp/public/support/relaxation/palliative_care.html)より

 

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、

より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(特定非営利活動法人日本緩和医療学会による『市民に向けた緩和ケアの説明文』)とされています。

さらにわかりやすく一言でいうと「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)となります。

 

 

緩和ケア普及啓発事業 緩和ケア.net(http://www.kanwacare.net/)より

 

ーーーがんによる苦痛をやわらげる緩和ケアとは

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。

「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

 

 

近年、この診断された時から行うもの、という「緩和ケア」が積極的に行われるようになってきています。

早期からの「緩和ケア」が生存期間をのばすという研究も発表されています。

 

 

私は今の立場から「緩和ケアとしてのアピアランスケア」を考えています。

 

私たちのところを尋ねてくださる方々は、ウィッグをお探しであったり、爪や肌のトラブルを抱えていたりと外見的なサポートを求めておられます。

もちろん、私たちは全力でそのお悩みに対して対応いたします。

同時に、お話を伺いながら他の問題が潜んでいないかな、とも考えます。

 

外見の変化がもたらす精神面への影響がある時もありますし、病気との向き合い方に悩まれている時もあります。

ただ、何の利害関係にもない人と話がしたい、という場合もあります。

 

「緩和ケア」というと仰々しくて、恐れ多い感じもありますが、院外にいる、医療機関に属していない看護師であるからこそできるケアもあるかなと思います。

 

主治医には聞けないけど、、、、

担当の看護師さんは忙しそうで聞けないけど、、、、

家族には心配かけるから言えないけど、、、、

職場の人には、配慮してもらってるから言えないけど、、、、

 

みなさんそんな気持ちを抱えながら、頑張って生活されているんだと改めて実感しています。

 

外見を整えることで、自信が出て少し気分が上をむくこともあるでしょうし、

誰かと会いたいなと思えるかもしれません。

 

アピアランスケアを通して、みなさんの自分らしく生きるお手伝いができたらと思っています。

お気軽にお越しください。

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.26更新

ふくりびの医療用ウィッグ取扱いをしてくださる美容室さんを

順にご紹介させて頂きます。

北海道にもパートナーサロンさんが増えてきました✩

 

人毛100%ですので、美容室でのカラーやパーマ、

また初めからスタイルが出来上がったかつらではありませんので、

セミオーダーでひとつずつ美容師さんが、お客様一人一人に合わせて、

その場でカットしますので、ウィッグでも通常の髪の毛と同じように

自然な髪型をお作りできます!!

 

今日は新しくパートナーになった北海道帯広にあるサロン

オリエンタルマジックさんです。

 

http://www.orientalmagic.jp/

ふくりび医療用ウィッグは皆さんの近くの美容室でご試着や購入が可能です。

ふくりびのパートナーサロンは医療用ウィッグのカット技術のみならず、脱毛や病気の知識、

カウンセリングやアフターフォローについての研修を受講し、本部としっかり連携して、

ウィッグを必要とされている方々をサポートする強い味方です!!

 

脱毛時期の髪や頭皮の悩みにも、親身になって答えてくれます!!

 

北海道帯広近郊で、医療用ウィッグをお探しの方は下記まで

お気軽にご相談くださいませ。

 

a0105397_15274717.jpg

 

================================================

 

NPO全国福祉理美容師養成協会は「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会」の実現を目指す

医療・介護・看護・ファッション・理美容・メディアなどの多職種専門家によるプロフェッショナル型NPOです。

活動に関するお問い合わせは下記まで

看護師、美容師が対応させて頂きます。

事務局:

info@fukuribi.jp

ふくりび本部052-801-5203 

フリーダイアルは0120-35-2241

by fukuribi

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.26更新

/ふくりびの医療用ウィッグ取扱いをしてくださる美容室さんを

順にご紹介させて頂きます。

北海道にもパートナーサロンさんが増えてきました✩

 

人毛100%ですので、美容室でのカラーやパーマ、

また初めからスタイルが出来上がったかつらではありませんので、

セミオーダーでひとつずつ美容師さんが、お客様一人一人に合わせて、

その場でカットしますので、ウィッグでも通常の髪の毛と同じように

自然な髪型をお作りできます!!

 

今日は新しくパートナーになった北海道帯広にあるサロン

オリエンタルマジックさんのブログです。

 

 

http://s.ameblo.jp/orientalmagic/

ふくりび医療用ウィッグは皆さんの近くの美容室でご試着や購入が可能です。

ふくりびのパートナーサロンは医療用ウィッグのカット技術のみならず、脱毛や病気の知識、

カウンセリングやアフターフォローについての研修を受講し、本部としっかり連携して、

ウィッグを必要とされている方々をサポートする強い味方です!!

 

脱毛時期の髪や頭皮の悩みにも、親身になって答えてくれます!!

 

北海道帯広近郊で、医療用ウィッグをお探しの方は下記まで

お気軽にご相談くださいませ。

 

================================================

 

NPO全国福祉理美容師養成協会は「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会」の実現を目指す

医療・介護・看護・ファッション・理美容・メディアなどの多職種専門家によるプロフェッショナル型NPOです。

活動に関するお問い合わせは下記まで

看護師、美容師が対応させて頂きます。

事務局:

info@fukuribi.jp

ふくりび本部052-801-5203 

フリーダイアルは0120-35-2241

by fukuribi

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.23更新

こんにちは

 

アピアランスサポートセンターあいち 看護師の河合です。

 

あぴサポでご相談を受けていて

「なんでもお伝えできることはお話しまーす」と私が言うと

 

 

「食事とかってどうでしょう?」

「このサプリメントって効果があると思いますか?」

「何に気をつければ、再発しないでしょうか?」

 

というお話がよく出てきます。

 

例えば乳がんに関して

「乳製品がよくない」「チーズを食べてはいけない」「大豆がいいらしい」「太ってはいけない」・・・・

などなど、ちまたにはたくさんの情報が溢れています。

新聞の広告欄にも「がんが治った!!!」とかいう見出し、よく見ますよね。

 

まさに夢のような話だったりして、それはそれは魅力的であったりします。

 

ただ、本当に効果があるのか、というとそうでも無いことがほとんどです。

100%効果がない、とも言えないですが、現段階で確実に効果があるとは言えない、と言ったところです。

なんとも奥歯にものが挟まったような表現で申し訳ないですがshun

 

 

発症のリスクが少なくなる要因としていくつか研究として確証に近づいているものもあります。

女性の乳がんに関して、現在明らかになっていることを少しご紹介します。

http://epi.ncc.go.jp/index.html

http://wcrf.org/

 

食事に関して確立されたリスクファクターは、現在のところアルコール摂取のみです。

アルコール摂取が乳がんのリスクファクターであることは、閉経前後を問わずすべての年齢において「確実」です。

穀類や食物繊維、野菜と果物、大豆、乳製品、脂質、糖類、ビタミン、イソフラボンなどが注目され、乳がんとの関連が検討されてきましたが、

これらに関しては全般的に「証拠不十分」です。

脂肪摂取については、閉経後乳がんのリスクであることが「可能性あり」とされています。

 

その他、自分の意思では変えられない因子もあります。

身長が高い、出生時体重が多い

出産経験、授乳経験、初潮年齢

などです。

 

かえられる要因については、今後の生活の参考に、

変えられない要因に関しては、自分が乳がんになりやすいという意識を持っておくことで検診等の行動に移すようにとされています。

 

 

 

そして再発に関連している要因としては、まだ研究段階です。

日本人を対象にして行われている大規模な追跡調査もあります。

興味のある方は是非ご覧下さい。

『希望の虹プロジェクト』

http://rok.ncc.go.jp/index2.html

 

 

皆さんとお話している時にいつも思うことがあります。 

「病気になった私」がいる一方で、「健康な私」も同時に存在するということです。

どうしても「病気になった私」に意識がフォーカスされてしまいます。

 

人間も、物事も、人生も多角的なものです。同時にいろんな側面があると思います。

辛いときは、落ち込めばいいですし、話をしたい気分の時は誰かに存分に聞いてもらえばいい。

そして、一緒に笑えたら「元気な私」を少し思い出せるかなと思います。

そんなお手伝いができたらな、と思っています。

お気軽にご相談くださいね。

お待ちしております。 

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.23更新

こんにちは

 

アピアランスサポートセンターあいち 看護師の河合です。

 

あぴサポでご相談を受けていて

「なんでもお伝えできることはお話しまーす」と私が言うと

 

 

「食事とかってどうでしょう?」

「このサプリメントって効果があると思いますか?」

「何に気をつければ、再発しないでしょうか?」

 

というお話がよく出てきます。

 

例えば乳がんに関して

「乳製品がよくない」「チーズを食べてはいけない」「大豆がいいらしい」「太ってはいけない」・・・・

などなど、ちまたにはたくさんの情報が溢れています。

新聞の広告欄にも「がんが治った!!!」とかいう見出し、よく見ますよね。

 

まさに夢のような話だったりして、それはそれは魅力的であったりします。

 

ただ、本当に効果があるのか、というとそうでも無いことがほとんどです。

100%効果がない、とも言えないですが、現段階で確実に効果があるとは言えない、と言ったところです。

なんとも奥歯にものが挟まったような表現で申し訳ないですがshun

 

 

発症のリスクが少なくなる要因としていくつか研究として確証に近づいているものもあります。

女性の乳がんに関して、現在明らかになっていることを少しご紹介します。

http://epi.ncc.go.jp/index.html

http://wcrf.org/

 

食事に関して確立されたリスクファクターは、現在のところアルコール摂取のみです。

アルコール摂取が乳がんのリスクファクターであることは、閉経前後を問わずすべての年齢において「確実」です。

穀類や食物繊維、野菜と果物、大豆、乳製品、脂質、糖類、ビタミン、イソフラボンなどが注目され、乳がんとの関連が検討されてきましたが、

これらに関しては全般的に「証拠不十分」です。

脂肪摂取については、閉経後乳がんのリスクであることが「可能性あり」とされています。

 

その他、自分の意思では変えられない因子もあります。

身長が高い、出生時体重が多い

出産経験、授乳経験、初潮年齢

などです。

 

かえられる要因については、今後の生活の参考に、

変えられない要因に関しては、自分が乳がんになりやすいという意識を持っておくことで検診等の行動に移すようにとされています。

 

 

 

そして再発に関連している要因としては、まだ研究段階です。

日本人を対象にして行われている大規模な追跡調査もあります。

興味のある方は是非ご覧下さい。

『希望の虹プロジェクト』

http://rok.ncc.go.jp/index2.html

 

 

皆さんとお話している時にいつも思うことがあります。 

「病気になった私」がいる一方で、「健康な私」も同時に存在するということです。

どうしても「病気になった私」に意識がフォーカスされてしまいます。

 

人間も、物事も、人生も多角的なものです。同時にいろんな側面があると思います。

辛いときは、落ち込めばいいですし、話をしたい気分の時は誰かに存分に聞いてもらえばいい。

そして、一緒に笑えたら「元気な私」を少し思い出せるかなと思います。

そんなお手伝いができたらな、と思っています。

お気軽にご相談くださいね。

お待ちしております。 

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.22更新

人毛100%6万円のふくりびウィッグを取り扱うパートナーサロンになりませんか?

医療用ウィッグ美容室

医療用ウィッグはNPOふくりび

ふくりびのパートナーサロン(美容室)は、現在全国に90サロン!!

【パートナーサロン向け講習開催日程】

医療用ウィッグの販売に際しての技術・カウンセリング・マーケティング・営業まで全てを伝授。

患者さんが最寄りの美容室で、当たり前に医療用ウィッグの相談や制作ができ、

闘病中のアピアランス(外見)の悩みを気軽に相談できる状態を作るために、全国の美容室と連携を進めています。

 

医療用ウィッグ美容室

7月26日(火)大阪・残席2サロン

8月1日(月)東京

8月22日(月)名古屋

美容室で作る医療用ウィッグ業界で、提携美容室数全国NO.1!!
人毛100%だからパーマ・カラーもできる!美容室ならではの医療用ウィッグ販売をサポート!

ふくりび医療用ウィッグパートナーサロンのメリット
①看護婦による相談窓口
看護婦が電話やメールでお客様やサロンスタッフの不安をサポートします。
病気や抗がん剤の知識が身に付きます。

②病院からサロンへ
病院配布のパンフレットにあなたのサロン情報を掲載します。
病院でウィッグのことを知った周辺地域のお客様からサロンへお問い合わせを促します。

③インターネット検索の強化
医療用ウィッグWEBサイトにあなたのサロン情報を掲載します。インターネット検索が強化されお客様がサロンを見つけやすくなります。

NPOふくりびでは、2010年より、高品質低価格の医療用ウィッグの販売を
行って参りました。「かつら専門店ではなく、いつもの美容室で医療用ウィッグを購入したい」との
お客様のニーズに応えるべく、美容室で販売しやすい「ふくりびウィッグ」を開発致しました。
年間45.7万人(「JMDCレセプトデータベース」に基づく推計)とも言われる抗がん剤投与者をサポートするべく、ふくりび医療用ウィッグをお取り扱い頂く美容室を 募集します。
技術・販売方法などについての特別講習会をご受講下さい。

 

パートナーサロンに関して詳しくはこちら


医療用ウィッグの導入についてのお問い合わせは、下記まで
NPO法人全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)
TEL&FAX 052-801-5203
メール info@fukuribi.jp
WEBサイトhttp://www.fukuribi.jp/

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.18更新

暑いですね。梅雨をすっとばして真夏日です(๑•̀ㅁ•́ฅ✧。

こんな日のお悩みは

「ウィッグ暑い~(´;ω;`)」

「ウィッグが、汗ですぐベタベタ」

 

そもそもふくりびでは、ウィッグ製造の段階から、頭頂部に絹スキンを使い、通気性の良い裏地にしていますが、

それでも、暑いー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

色々と対策を練っております。

 

1、汗わきパットの活用

頭頂部絹スキン部分に、お洋服用の使い捨ての汗わきシート・パットを貼る。

ウィッグ暑さ対策

2、トップピースの活用

自毛が伸びてきており、脱かつらが近い方には、トップピースをご提案しています。

フルウィッグに比べると、かなり涼しいので、お気軽にご相談ください。

 

トップピース 医療用

 

皆様が快適に過ごせるように、ふくりびスタッフが、ただいま対策を練っております。

随時ブログでご紹介いたします!!!!

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.16更新

こんにちは。

アピアランスサポートセンターあいち 看護師の河合です。

 

梅雨っぽくなってきましたね。

少し肌寒かったり、一気に蒸し暑くなったりと体調管理が難しい時期でもありますので気をつけてお過ごしください。

 

さて、昨年11月にアピアランスサポートセンターを開設して以来、たくさんの患者様にお越しいただいております。

 

今までは、1対1のご対応を中心に行っておりました。

私としては、病院で看護師をしていた時に心残りだった「患者さんの話を心ゆくまで聞くこと」ができて、とっても有意義な時間を持てています。

 

そんな中で「ここで他の患者さんともお話したい〜」「集まりみたいなものはやっていないんですか?」と聞かれることも増えてきたので、

企画しました!!!

 

2016年7月から毎月1回、定期的に開催します。

flower2flower2アピアランス(外見)の悩みに役立つレッスン『あぴ会』flower2flower2

 

第一回は7月12日(火)13時30分〜 開催いたします。

「自作眉プレートを作ってみよう!」

抗がん剤の副作用で眉毛の脱毛が起こる方もいらっしゃいます。

眉毛を描くのが難しくなってしまうことも。

 

市販の眉プレートは自分の顔に合わなくて・・・

そもそも眉プレートの使い方が分からない、使ってみたことがない。

 

今回はご自分のお顔に合った自分だけの眉プレートを作ってみましょう。

出来上がった眉プレートはお土産にお持ち帰りいただけますnicoheart

 

ご参加は無料ですstar

対応可能な人数や準備等もございますので、お電話でのご予約をお願いしております。

お早めにお電話ください。

 

次月以降の講座内容はコチラ

 

みなさまとお逢いできるのを楽しみにしております。

あぴさぽ

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.12更新

【福祉ネイリスト】
福祉理美容で21年の実績を持つふくりびが、爪に悩みを持つ方々へのサポートを行うネイリストを募集します。
名古屋市千種区がんセンターすぐ横の、あぴサポあいち(医療用ウィッグ・ネイル相談センター)で、患者さんの爪の悩みに答えて施術をしたり、
ネイリスト向けの講習の講師を担当してくださる仲間を求めています。

ネイル認定講師名古屋
訪問理美容・福祉理美容の分野で、あなたの技術を活かして、たくさんの「ありがとう」が得られる仕事です。
ネイリストとしての経験や資格を活かせる職場です。
疾患やアレルギーに対応するネイルケア相談センターや介護施設で活躍するネイリスト!!を募集します。
今回は、即戦力を募集します。
短時間(午前中だけ、午後だけ)勤務可能
週1勤務でも可能!!
福祉ネイリストとして、活躍しませんか?
介護福祉研修があるので安心です。

ネイリスト福祉
▼採用人数:2名
▼雇用形態:パート・アルバイト
▼勤務先:名古屋市千種区
▼仕事内容: 医療用ウィッグ・ネイルケア相談センターにて、ネイルケアに重点をあてた施術(低刺激の商材を用いた施術)
▼必要なスキル
・JNEC1級
・JNA認定講師優遇
・ネイルサロンでの3年以上の勤務経験
・介護福祉士資格、ヘルパー2級所持の場合、優遇
▼ 勤務時間:
  10:00~18:00 完全シフト制です
 ※子供さんの学校行事など、シフト制なので、気にせず休んでいただけます。
▼ 休日:未定、年末年始、夏季
▼給与:時給1200円+能力給

認定講師の方には、講座単位でのお仕事もあります。

▼応募方法:
電話連絡の上、履歴書持参で面接
▼●お問合せ:事務局長 岩岡
052-801-5203(水曜~日曜で対応)
info@fukuribi.jp

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

2016.06.10更新

こんにちは。

 

アピアランスサポートセンターあいち 看護師の河合です。

 

先日おつくりしたウィッグをご紹介します。

 

もともと髪色を明るくカラーリングされていたので、金髪のウィッグにご希望のカラーでカラーリングをさせてもらいました。

ふくりびウィッグは人毛100%なので地毛と同じようにカラーチェンジすることができます。

今回もお客様と相談して、希望をお色でカラーリング致しました。

wigsemi1wigsemi2wigsemi3

 

こんな感じに仕上がりましたflower2

好きなカラーでお作りすると、より似合わせることができるのでウィッグを自然に使って頂けます。

 

お一人お一人に合わせ、お好きなカラー、お好きなスタイルでおつくり致します。

 

試着のみも大歓迎ですので、お気軽にお立寄くださいね。

お待ちしております。

 

 

ウィッグ&ネイル
アピアランスサポートセンターあいち
(あぴサポあいち)
ウィッグ作成・ネイルケア・足つぼアロマ・メイク・人工乳房など
抗がん剤治療中などに起こる外見的な変化や心配事に対してのサポートを行っています。

ご予約・ご相談はTEL:0120-35241(看護師が対応します)
携帯電話からはTEL:052-751-3700

〒464-0021愛知県名古屋市千種区鹿子殿3番3号
ニューゴールデンビル1―A
(愛知県がんセンター徒歩1分、自由が丘駅徒歩8分)

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

前へ