2018.04.13更新

あぴサポTOKYO

https://readyfor.jp/projects/apisuppotokyo

 

クラウドファンディングでのチャレンジ

残り1週間となりました。

あぴサポTOKYOを開設するために、あと450万円必要です。

ご支援をどうぞよろしくお願いします!!!

================================================================

 

病気による外見の変化をトータルサポートできる場所
​「アピアランスサポートセンター」を東京に。

 

 

■ ​がん治療の​副作用で​多くの患者さんが本当に​​辛かったと言われるもの、それは「髪が抜ける」などの外見の変化だということをみなさんは知っていますか?

 

髪が抜けて「もう外に出れない」と絶望したときに、

私たちがそばにいる

 

■ 患者さんはもちろん、家族も一緒に通えるあぴサポTOKYO


私たちは、任意団体時から23年にわたって、福祉理美容(高齢者や障害のある方の自宅や施設への訪問理美容・がん患者さんのアピアランスサポートなど)に取り組んできました。

 

2人に1人ががんになるといわれる時代。

 

仕事をもちながら、がん治療の通院をしている方は、全国に約32.5万人。社会生活を続ける上で、化学療法などの副作用による外見の変化に悩む患者さんたちが多くいらっしゃいます。

 

医療機関が発表している「治療に伴う身体症状の苦痛調査」での話では、乳がん患者の場合の苦痛 TOP20では、脱毛などの外から分かる身体症状が20項目中12項目。

 

なんと、痛みもかゆみも伴わない、眉毛やまつ毛の脱毛など、外見に現れる副作用が、苦痛に感じることの60%を占めるのです。

 

たくさんの患者さんやご家族、医療関係者の皆さんに喜んでいただいている愛知での実績を元に、より患者数が多く、ニーズが多様化する東京に合わせたコンセプトで新しいあぴサポTOKYOを開設します。

 

病院から街中へとアピアランスサポートが広がっていく道すじをつくるため、あぴサポTOKYOを拠点として、患者会やセミナーを定期的に開催し、患者さんや家族、医療関係者・美容関係者が集う場を創っていきます。

 

くわしくは、Readyfor?プロジェクトページ

 

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

SEARCH