2019.07.18更新

こんにちは。

NPOふくりび事務局長、岩岡ひとみのForbes Japanコラムの第3弾がアップされました!!!

「障がい者の働き方改革。その第一歩は彼らの「生きにくさ」を理解することから」

https://forbesjapan.com/articles/detail/28140

障がい者 身だしなみ講座

 

第1段・・・痛みでもかゆみでもない、がん治療の「最も大きな苦痛」とはhttps://forbesjapan.com/articles/detail/25619
第2段・・・鏡の魔法──認知症女性が綺麗になって笑顔を取り戻した話https://forbesjapan.com/articles/detail/26357

もぜひご覧ください。

 

障がいの有無に関わらず“凸凹(でこぼこ)を認め合う社会に”
ふくりびでは障がい者の方の就労支援として、
養護学校、ジョブトレーニングセンターや、市区町村にある福祉センターなどで障がい者の方に“身だしなみ講座”を行なっています。

皆さんが何となく、当たり前かのように覚えてきたり、人を真似たりしてきた、身だしなみを、
ふくりび身だしなみこうざでは、
行動を絵に書いて視覚からの学びと、実際のその場で実践して理解していただけるような工夫がいっぱいつまっていて、聞くだけの講座ではありません。
身だしなみ

身だしなみ

一部Forbes Japan掲載から・・・・
「我々は身だしなみ支援を通して、こういったソーシャルスキルを伸ばすことで、障害をもっていても、「自分らしく働き、稼いだお金でおしゃれを楽しみ、職場の仲間とともに余暇を楽しめるような、そんな当たり前の社会を作りたい」と考えている。」

 

身だしなみ講座のご依頼やご相談はふくりび本部へお問い合わせ下さい。

info@fukuribi.jp

投稿者: NPO法人 全国福祉理美容師養成協会

SEARCH